MENU TEL

交通事故のむちうちには、このような症状が出現します。

むちうちは、損傷の程度と症状により、大きく分けて4つに分類されます。

頸椎捻挫の症状(全体の70~80%)

X線所見上、頚椎に骨折・脱臼がないこと。また亜脱臼を呈するような明らかな頚椎の異常可動性がない事を前提とします。
首を固定する筋肉と靭帯の損傷によち生じます。次のような症状が起きます。
首を曲げたり回す時に痛みを感じたり、首を動かさなくても痛みがあります。
常時、首~肩に緊張感を感じている場合もあります。車の運転など集中して目や腕を使い出すと首や肩が痛み出す人もいます。首の痛みや肩コリ等は一般症状といえます。
医師の診断では、神経症状(知覚や筋力の低下など)はないものの、手足のしびれ・だるさ等の自覚症状を訴えます。
柔道整復師の施術適応です。

バレ・リュー型

フランスの神経医Barréが、後頚部交感神経系の興奮により、以下の症状が出たものをバレリュー症候群とて報告しています。
後頭部痛、めまい、耳鳴、眼精疲労、全身倦怠、動悸などの症状が出たり出なかったりすることがあります。
 内耳の症として、めまいや耳鳴り、眼の症状として目の疲れ、かすみ、視力低下、心臓の症状として動悸や心臓の痛み、喉の症状としてかすれ声を生じる。
首の神経が直接的にダメージを受けていなけらば、柔道整復師の施術適応と考えます。

脊髄損傷 型

頸椎の支持組織である筋肉,靱帯が衝撃の外力に耐えきれず,完全に断裂をしてしまうと,頸椎は正常な骨の位置関係が保てなくなります。
脱臼あるいは骨折により、脊柱管は骨がずれて,脊髄が狭窄を起こし損傷する事で、 上肢(手・腕・肩)だけでなく、
下肢(腰,足)にも明らかな神経症状が存在するようになります。(感覚神経の損傷)。又、膀胱・直腸障害を生じるようにもなります。
(過活動性膀胱と低活動性膀胱)
脊髄の損傷されたレベル(髄節)により、運動麻痺や感覚障害の分布が異なります。麻痺の重さは脊髄の損傷の程度によります。
柔道整復師の施術適応外です。

神経根症型

脊髄の運動神経と知覚神経が集まっているところを「神経根」と呼びます。
脊髄の損傷された神経根により、運動麻痺や感覚障害の分布が異なります。
この神経根の周りに腫れが起こったり、引抜きのような損傷が起こると、それぞれの神経が支配している部位に放散痛、
手・腕のしびれ感、筋力低下、 筋萎縮、運動及び知覚障害など症状があらわれます。
整形外科テストとしてスパーリングテスト、ジャクソンテストがあります。いずれも、椎間孔が狭くなるように神経根の圧迫を増強する方法です。

 

横浜市南区・中区・西区・磯子区の交通事故治療・むち打ち治療ならハイボルテージ・立体動態波のあるおおさき整骨院でどうぞ!

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒232-0022 神奈川県横浜市南区高根町3-18-18 アコルデ横浜阪東橋203
予約メール・お電話でのご予約が可能です。
電話番号045-334-7540
休診日水・日曜日