MENU TEL

治療費

交通事故に遭った場合、治療費は勿論、病院への通院費や慰謝料、休業損害等はどこから支払われるのでしょうか?

少し込み入った話になりますが、交通事故では過失割合(自分に事故過失がどのくらいあるか)が、事故における自己負担を決めるうえで重要になります。(自己負担分は、ご自身の加入している保険で賄えるケースもありますのでご確認下さい。)

これは、治療費のみでなく車の修理代の負担にも適応されます。事故というものは似通ったパターンに照らし合わせて、それに応じて過失割合を決定します。ただし何もわからないまま相手方の言い分を安易に了解するのは避けたほうが賢明です。


相手方が事故時の状況を勝手に解釈し過失割合に不服を申し立てた時のために、客観的に事故時の状況を証明できるものを用意していくと良いと思います。(ドライブ・レコーダー、目撃者)

交通事故では過失が100%でない限り、(過失割合によって自己負担率が変動)自賠責保険を使って治療を受けられます。通院期間又は、治療回数に応じて通院慰謝料もその保険から支払われます。自賠責保険は、自動車(2輪を含む)を運転する際に、強制的に加入させられる保険です。

つまり無免許運転でない限り誰でも加入している保険ですから、例え加害者側が任意保険に入っていなかったとしても自賠責保険で120万円まで保障されるわけです。交通事故治療を、整骨院で行う場合、治療費が無料になるわけではなく、主に自賠責保険から治療費が支払われるわけです。この支払に関しては自賠責保険の調査所があり、提出された必要書類(医師の診断書)などを元に治療の必要性を判断します。

又、加害者側が任保険に入っている場合、加害者側の任意保険も使って治療費や慰謝料の要求ができます。通常は自賠責保険と任保険の会社は同じで、保険の一括請求という言葉を使うと思います。怪我の状態が思わしくない場合、自賠責保険では賄えず、任意保険を使って治療を継続する方法がとられるわけですが、これを安易に認めると相手方の保険会社も損失となるため、できるだけ任意を使わない段階で治療を中止させようとします。

このような場合、治療費が打ち切られる可能性があります。レントゲン等に異常がない場合、個人的に、保険担当者に治療の必要性を認めさせるのは困難です。保険会社や担当者によって対応は、一律ではないので悩むところです。治療期間は重傷でなければ、通常3~4か月程度と考えたほうが無難です。


痛みがあり治療を続けたいのであれば、交通事故専門の弁護士さんに一度相談してみるのもよいと思います。専門弁護士さんは、交通事故のあらゆるパターンを熟知して、治療が続けられるように相手方の保険会社と交渉をしてくれると思います。

このような場合、保険を使って治療が出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通院慰謝料

横浜市南区おおさき整骨院なら交通事故全般のご相談ができます。

当院へのアクセス情報

所在地〒232-0022 神奈川県横浜市南区高根町3-18-18 アコルデ横浜阪東橋203
予約メール・お電話でのご予約が可能です。
電話番号045-334-7540
休診日水・日曜日