MENU TEL

ぎっくり腰

ぎっくり腰で、痛くて苦しかったら横浜市南区高根町にあるおおさき整骨院へ。

ぎっくり腰は一度なってしまうとなかなか治すのが難しいと言われていますが、適切な施術を受ければ再発を防げます。横浜市南区高根町にあるおおさき整骨院は、ぎっくり腰の施術にも定評があります。

ふいに腰に激痛が走り、身動きが取れなくなってしまうぎっくり腰。魔女の一撃とも呼ばれ激痛が襲います。そのまま放置していては、日常生活や仕事に支障をきたす場合もあります。
もし、あなたがぎっくり腰(急性の場合)になったら、まずアイシングをしてください。冷蔵庫の氷でクラッシュアイスをつくり、ビニール袋(2重)に水をいれて、アイスパックを作ります。直接冷やさないで、タオルをはさんで患部を包むように冷やします。

アイシングは

  1. 炎症を抑えてくれる
  2. 痛みを緩和してくれる
  3. 筋肉の緊張を抑えてくれる

以上のような働きを持ちます。15分~20分を1セットとして休みをとりながら3セット程行うとよいでしょう。横向きの姿勢で冷やすとよいでしょう。2日~3日間は行うとよいと思います。
決して痛む部分をマッサージ等で和らげようとしてはいけません。
又、やむをえず起き上がる際は、十分に注意して横向きの姿勢から起き上がるようにして下さい。

予期せぬ時に起こる症状だけに人によっては、恐怖心から体の動作に制限をかけてしまうこともあるようです。急性腰痛とも言われるぎっくり腰の原因は、

  • ● 同じ動作の繰り返しにより一部の筋肉の負担が大きくなった
  • ● 心的なストレスにより自律神経が乱れ、筋肉が正常に働かなくなり生じるもの
  • ● 急激な衝撃によるもの
  • ● 普段全く行わない動きを急にしたために筋肉や身体のバランスが崩れたもの

などが考えられます。腰をかがめた時や物を持ち上げようとした時に起こることが多いのですが、きっかけがよくわからずになってしまう人もいます。
ぎっくり腰になったら、横浜市南区高根町にあるおおさき整骨院にお電話下さい。

「痛みのない治療で再発防止」

ぎっくり腰を起こしてしばらく安静を保っていると、動けるようになりますが、腰の状態が戻っているわけではありまん。動けるようになった=治ったと勘違いする人が非常に多いのです。一度ぎっくり腰を経験して、しっかりと治療を受けて治しておかないと、ぎっくり腰は、繰り返されます。患者さんの中には2回、3回と繰り返しぎっくり腰を起こしている人も結構いらっしやるのです。

私は柔道整復師ですので、腰を診させていただければほとんどキャリアがわかります。試しに「何回目ですか」とお聞きすると「触って、わかりますか?」と驚かれます。でもそれは難しいことではなく、はっきりと前の状態が体に残っているからわかるのです。

数回繰り返すと、なかなか根治が難しいといわれますが、当院で治療を受けた方はぎっくり腰の再発がほとんどありません。何回も繰り返していると、腰を支持している組織の弱化により、椎間板ヘルニアなどを誘発しますので、早期にしっかりと治してください。

当院の施術を受けると、なぜ再発をふせげるのでしょうか?
歪んでしまった骨の配列(筋肉やずれた関節)を、元の状態に戻す施術を行うためです。

又、ぎっくり腰を起こした直後でもご安心下さい。仙腸関節AKA・経絡治療により直接患部(腰周辺部)への刺激をせずに痛みをとっていきます。またぎっくり腰等の急性の痛みには、ES-530が大変有効です。私は、ES-530の効果が最も実感できるのは、ぎっくり腰と50肩だと思っています。消炎・沈痛・筋肉痛の減少、傷んだ組織の修復と本当によく効きます。施術と合わせてご利用ください。

又、お仕事でどうしても動かなくてはいけない場合等は、キネシオテーピングで筋肉を保護します。かなり楽にお仕事に戻れると思います。コルセットではこのサポート感は、得られないものです。ちなみに私は、コルセットの販売をしていません。なぜならキネシオテープの添付の方が、はるかに効くからです。

ぎっくり腰を放置しておくと、腰椎間板ヘルニアや坐骨神経痛などになってしまうこともあります。横浜市南区高根町にあるおおさき整骨院では、お身体に合わせた施術でぎっくり腰の痛みを改善します。

横浜市南区・中区・西区・磯子区のぎっくり腰治療ならハイボルテージ・立体動態波のあるおおさき整骨院でどうぞ!

当院へのアクセス情報

所在地〒232-0022 神奈川県横浜市南区高根町3-18-18 アコルデ横浜阪東橋203
予約メール・お電話でのご予約が可能です。
電話番号045-334-7540
休診日水・日曜日