MENU TEL

40肩・50肩

40肩・50肩は放置せずに横浜市南区高根町にあるおおさき整骨院へ

50肩は放置して置くと肩だけでなく、肩甲骨周りや背中の痛みにつながります。又、1次的に痛みがひいても何度も再発する可能性があります。早めの治療をお勧めします。

当院には、「肩が痛い」、「腕が上がらない」といった症状を訴えて、来院される方は多くいらっしゃいます。40肩・50肩の症状が出ると、服を脱ぐ・着るが困難になる、洗髪、髪をとかすのが困難になる、洗濯物を干せない、電車のつり革につかまっていられない、背中に手が回せ無くなる等、日時長生活に支障をきたすようになります。横浜市南区高根町にあるおおさき整骨院で、症状が進行する前に早めに治療を受けてください。

40肩・50肩の原因は、まだはっきりとわかっていません。男性も・女性共に起こる病気です。手を上げて長時間作業をしていた、ものを持ち上げようとした瞬間、ゴルフのスイング中に突然激痛におそわれたり、交通事故等で転倒して肩を打ったり、シートベルトに強く締め付けれれた肩が無理に動かされた場合等、様々な原因で五十肩になります。又、朝起きて突然、痛み出す場合もあります。原因ははっきりとわかっていません。

肩の周りは、肩甲下筋、棘上筋、棘下筋、小円筋という筋肉が前から上、後へと順番に肩を包むこんでいます。この肩まわりの筋肉は、腱板(ローテーターカフ)と呼ばれます。

又、筋肉の周りには、滑液包という袋があり、滑液(潤滑油)をつくり、肩関節の動きをスムーズにしています。 腱板は、末端で腱となって骨に連結しています。腱は薄いその形状から、腱板と呼ばれます。腱板は、加齢(繊維が、年齢と共に腱板がもろくなる)や肩の酷使により炎症や損傷が起こりやすくなり、痛み、可動域の制限が起こると考えられています。概ね40、50代に多いことから名前がつけられています。

腱板の中でも棘上筋という筋肉は、肩峰(肩甲骨の末端)と上腕骨の間の存在し、腕を上げるときに働くこの筋肉(腱板)は、常に肩峰と衝突を繰り返し炎症を生じ、40肩・50肩の原因をつくります。炎症は、肩関節周辺部に及ぶようになります。

「肩の構造」

「横浜市南区おおさき整骨院の40肩・50肩の治療」

患者さんのお話を聞いた上で治療に入ります。肩関節は複雑でデリケートなので慎重な施術を行わなければなりません。棘上筋・棘下筋・烏口上腕靭帯・小円筋・大円筋・肩甲下筋・上下前語関節包・肩峰下滑液包の癒着やスパズムの緊張を緩める施術により、夜間痛等の苦しい症状の軽減を図っていきます。 (肩の前方支持組織や後方支持組織の癒着剥離を施術で行います。)(超音波療法・ES-530,による電気療法も除痛には大変効果的です。段階的に、痛みが軽減してきたら、IDストレッチング・筋肉のリラクセーションを目的とした自動介助運動・筋・腱移行部の伸張を狙った等尺性収縮)により関節稼動域を広げていきます。痛みが伴わないように施術は行っていきますので安心して受けられます。

40肩・50肩治療は、3段階に分けられ初期の段階であれば、治療期間は少なくてすみます。

横浜市南区・中区・西区・磯子区の40・50肩治療なら超音波・ハイボルテージ・立体動態波のあるおおさき整骨院でどうぞ!余談ですが、私は、立体動態波治療で50肩を改善しました。

当院へのアクセス情報

所在地〒232-0022 神奈川県横浜市南区高根町3-18-18 アコルデ横浜阪東橋203
予約メール・お電話でのご予約が可能です。
電話番号045-334-7540
休診日水・日曜日