MENU TEL

40肩・50肩

40肩・50肩は放置せずに横浜市南区高根町にあるおおさき整骨院へ

当院には、「肩が痛い」、「腕が上がらない」といった症状を訴えて、来院される方は多くいらっしゃいます。40肩・50肩の症状が出ると、服を脱ぐ・着るが困難になる、洗髪、髪をとかすのが困難になる、洗濯物を干せない、電車のつり革につかまっていられない、背中に手が回せ無くなる等、日時長生活に支障をきたすようになります。横浜市南区高根町にあるおおさき整骨院で、症状が進行する前に早めに治療を受けてください。

40肩・50肩の原因は、まだはっきりとわかっていません。男性も・女性共に起こる病気です。手を上げて長時間作業をしていた、ものを持ち上げようとした瞬間、ゴルフのスイング中に突然激痛におそわれたり、転倒して肩を打った等、様々な原因で五十肩になります。又、朝起きて突然、痛み出す場合もあります。

肩の周りは、肩甲下筋、棘上筋、棘下筋、小円筋という筋肉が前から上、後へと順番に肩を包むこんでいます。これは腱板(ローテーターカフ)と呼ばれます。
又、筋肉の周りには、滑液包という袋があり、滑液(潤滑油)をつくり、肩関節の動きをスムーズにしています。 腱板は、末端で腱となって骨に連結しています。腱は薄いその形状から、腱板と呼ばれます。腱板は、加齢(繊維が、年齢と共に腱板がもろくなる)や肩の酷使により炎症や損傷が起こりやすくなり、痛み、可動域の制限が起こると考えられています。
腱板の中でも棘上筋という筋肉は、肩峰(肩甲骨の末端)と上腕骨の間の存在し、腕を上げるときに働くこの筋肉(腱板)は、常に肩峰と衝突を繰り返し炎症を生じ、40肩・50肩の原因をつくります。炎症は、肩関節周辺部に及ぶようになります。

「肩の構造」

肩の関節は、複雑な構造をしています。前後・左右ほぼ360度回転できる人体の関節の中では最も動く範囲が広い関節です。上腕骨頭の表面積に比べて,関節窩の表面積は1/2以下しかないため、骨による制限をあまり受けずに肩甲上腕関節を動かすことができます。 
この構造的な不安定性を、関節包(関節の周りを包む結合組織)や靭帯(前・中・衡)や腱板といった筋肉が肩の周りを包んで強度を高めています。従って肩の機能低下を起こす要因ととして、これらの組織の劣化や弱化があげられます。又、腕を外側に上げる時、上腕骨と肩甲骨が協同して腕を上げているのをご存知ですか?
腕を180度上げるには、肩甲骨は60度、上腕骨は120度、運動に参画します。肩甲骨は、肩関節外転30度以上で共同運動を開始します。腕をスムーズに動かすためには、肩甲骨周りの筋肉の状態が良好である事が求められます。

肩甲骨は、筋肉によって肋骨上を滑るので、筋肉の緊張状態に、影響を受けやすいのです。肩甲骨は、全ての人で同じ傾斜を保つわけではなく、猫背(頭部前方変移)の人では体の傾きに応じて、肩甲骨も前・外方に傾いていきます。肩甲骨が傾けば、肩甲骨の位置に応じた腕の動きが生じます。外側に腕を上げる時、傾いた肩甲骨の角度に沿って、腕はあがるのです。当然、肩の稼動域は少なくなります。肩甲骨の柔軟性が保てれば、無駄に腱板を傷けないで済むのです。

「50肩と腱板断裂の鑑別」

40肩・50肩とよく間違えられるのが腱板断裂です。40肩・50肩では、就寝中に夜、朝方に肩の痛みで目が覚めたり、痛い方の肩を下にして眠れなかったりします。腕が後ろに回せなかったり(結帯動作)、髪の毛を結う(結髪動作)が出来なくなったりします。痛む方の肩では、肩だけでなく腕や肘が痛いと訴える方もいらっしゃいます。
40肩・50肩では腕を上げる途中に痛みがありませんが、「これ以上は上がらない」という時点で痛みが起こることが多いのに対して、腱板断裂では腕を上げる途中に痛みが起こることが多く、痛みのないほうの手で支えていくと、腕が上がります。この鑑別には*ドロップアームサインが使われます。
素人判断で腕が上がらないから40肩・50肩、しかも放っておけばそのうち治るは大きな間違いです。

*ドロップアームサイン

患者さんの肩関節を他動的に90°外転させて,患者さんにその位置で肩を、保持するように指示し、支えていた上肢の手を離します。このとき十分な注意を払って行います。手を離したときに、腱板断裂がある場合、外転位での保持ができないためストーンと腕が落ちます.当然傷ついた組織にダメージをあたえますので手の離し方には注意が必要です。

「横浜市南区おおさき整骨院の40肩・50肩の治療」

患者さんのお話を聞いた上で治療に入ります。肩関節は複雑でデリケートなので慎重な施術を行わなければなりません。棘上筋・棘下筋・肩峰下滑液包の癒着やスパズムの緊張を緩める施術により、夜間痛等の苦しい症状の軽減を図っていきます。 (肩の前方支持組織や後方支持組織の癒着剥離を施術で行います。)(超音波療法・ES-530,による電気療法も除痛には大変効果的です。段階的に、痛みが軽減してきたら、IDストレッチング・ゆっくりした振幅の大きい他動運動(モビライゼーション)により関節稼動域を広げていきます。
40肩・50肩治療は、3段階に分けられ初期の段階であれば、治療期間は少なくてすみます。

横浜市南区・中区・西区・磯子区の40・50肩治療なら超音波・ハイボルテージ・立体動態波のあるおおさき整骨院でどうぞ!

当院へのアクセス情報

所在地〒232-0022 神奈川県横浜市南区高根町3-18-18 アコルデ横浜阪東橋203
予約メール・お電話でのご予約が可能です。
電話番号045-334-7540
休診日水・日曜日