MENU TEL

骨折の後療法

骨折の後療法は横浜市南区高根町にあるおおさき整骨院で

骨折の後療法(リハビリ)は何をどれぐらいやればいいのか分からない人が多いと思います。このようなお悩みをお持ちの方は、横浜市南区高根町にあるおおさき整骨院でリハビリ指導を行います。適切なリハビリで早期回復を目指しましょう。

骨折や不全骨折(ヒビ)でも、骨折部分に超音波を充てることで仮骨形成が早くなるといわれています。超音波のメカニカルストレス(軽く骨を叩く)が仮骨を早めてくれるからです。

又、交通事故や運動中の怪我などで骨を折ってしまった場合、固定した関節が固まらないようにするリハビリがあります。骨折の後療法とも言われますが、これを行う理由は、筋肉の機能改善や関節の可動域を確保するためです。今までずっとギプスをして固定されていた部分は、そのままだと関節を動かす筋肉・筋膜・靭帯・腱・皮膚等が固まってしまい、動かなくなってしまいます。
ですから、ギプスをしているときから徐々にリハビリを行って、動かすようにしていかなくてはいけないのです。
これを怠ると、先々日常生活の動作に支障をきたしてしまうようになります。(実際の話ですが、上腕骨外科系骨折の固定で、リハビリを行わなかったため、ズボンが一人で履けない患者さんがいらっしったことがあります。)ADLに支障をきたすことだけは避けなければなりません。骨折の後療法も横浜市南区高根町にあるおおさき整骨院がお手伝いさせたいただきます。

「適切なリハビリが大切」

適切なリハビリ運動をすることが大切です。目標を決めて、継続的に、稼動域を少しずつ改善していかなければ、患部の筋肉や関節を悪くしてしまいます。同時に、骨折固定により低下した筋力を改善するトレーニングも必要です。そのためのトレーニングを指導させていただきます。
横浜市南区おおさき整骨院では、患者様にできるだけ痛みを伴わない骨折の後療法をAKA関節運動法により実施していきます。又、ご自信でも出来るリハビリ運動を指導させていただきます。

 

横浜市南区・中区・西区・磯子区の交通事故骨折後療法なら超音波・ハイボルテージ・立体動態波のあるおおさき整骨院でどうぞ!

 

当院へのアクセス情報

所在地〒232-0022 神奈川県横浜市南区高根町3-18-18 アコルデ横浜阪東橋203
予約メール・お電話でのご予約が可能です。
電話番号045-334-7540
休診日水・日曜日