MENU TEL

Blog記事一覧 > 交通事故治療 > 自爆事故(料金)

自爆事故(料金)

2014.07.16 | Category: 交通事故治療

自爆事故で自分(運転者)又は、搭乗者が怪我をしてしまった場合、どのような保険が、適応されるのでしょうか?

 

自爆事故(自損事故)で怪我をした場合には、「人身傷害保険」「搭乗者傷害保険」「自損事故保険」などから、契約内容に応じて保険金が支払われます。また、同乗者の怪我については、自賠責保険からも保険金が支払われます。


人身傷害保険 

 

人身傷害補償は、保険契約している車のドライバー及び搭乗中の人が、事故により怪我・死亡してしまった場合、規定に従って過失割合に関係なく(当て逃げ・自爆事故にも適応)、実際の損害額(入院・通院費などの治療費、休業補償、慰謝料など)を算定し、ご契約の保険金額内で保険金が受取れます。

 

  例えば、自分が怪我をして、過失割合が「50:50」で、損害額は100万円だった場合、事故の相手側に50%の過失があって、50万円を支払う義務があったとしても、通常支払われるのは示談交渉後になります。 ただし、人身傷害保険に加入していれば、相手の過失分の50万円も加入している保険会社に、示談交渉前に立替て払ってもらえます。

人身傷害保険は、記名被保険者及び、その家族の方が、 歩行中や自転車の運転中に自動車事故(バイク含む)により怪我をしたり・死亡した場合。 自分の所有する車以外に搭乗して起こした自動車事故でも、怪我や・死亡してしまった場合もカバーする幅広い保険なのです。搭乗者傷害保険に比べて死亡時の保障が厚いのも特徴です。


搭乗者傷害保険

 

搭乗者傷害保険は、補償の対象となる車に乗っている搭乗者(ドライバー及び一緒に車に搭乗していた人全て)が、自動車事故で怪我や死亡した場合に、過失割合に関係なく、損害の程度などに応じた所定の額の保険金が受取れます。   搭乗者が怪我をして治療が必要な場合、医療保険金が支払われます。 医療保険金の支払方法は、怪我による入院・通院の日数に応じて支払う「日数払い」とケガの部位・症状別で支払う「部位・症状別払い」の2種類があり、どちらかを選択できます。

日数払い

 

怪我をして入院した場合、1日15000円を上限とし、保険金額の1000分の1.5に相当する金額が、通院では、1日10000円を上限とし、保険金額の1000分の1に相当する金額が、支払われます。日常生活・仕事等に支障をきたして、医師の治療を要する場合が該当し、事故発生日から180日が有効です。  

 

部位・症状別払い

 

手足の打撲:5万円 腕の骨折:35万円 足の切断:70万円 など


自損事故保険

 

  • 脇見運転で、ガードレールや電柱に激突した場合
  • 自分の居眠り運転が原因で事故を起こした場合
  • 自分が、センターラインを越えて対向車に衝突した場合(相手に過失がない場合)
  • 自分の信号無視で事故を起こした場合 等

 

ドライバーが自分の過失で起こした単独事故を補償するものです。 自損事故保険は、自損事故で怪我または死亡した場合に、損害の程度などに応じた所定の額の保険金が受取れます。 自損事故の場合、一緒に乗っていた人(ただし車の持ち主などを除く)には自賠責保険から保険金が支払われますが、ドライバーの怪我や死亡には、自賠責保険からの保険金支払いはありません。そんなとき、ドライバーに対して最低限度の補償をするのが、自損事故保険です。 


一方、同乗者(保険加入車両に搭乗していた運転者以外の人)が怪我をした場合は、原則、単独事故であっても交通事故の「被害者」として認められます。そのため、「自賠責保険」のほか「人身傷害補償保険」「搭乗者傷害保険」「自損事故保険」等から保険適応をとなります。

また、同乗者が運転者の家族(父母,配偶者,子等)以外の場合、「対人賠償保険」も保険金が支払われます。例えば、友人や会社の同僚、知人といった人が同乗し、単独事故で死傷した場合には、自分の任意保険の対人賠償保険が適用されます。

自爆事故治療を自費で受けたい方は、1部位・1回2200円~2500円とさせていただきます。(電療の料金が200円~500円)

むち打ちのみの治療でしたら上記料金となります。

 

横浜市南区・中区・西区・磯子区の交通事故治療・むち打ち治療ならハイボルテージ・立体動態波のあるおおさき整骨院でどうぞ!

当院へのアクセス情報

所在地〒232-0022 神奈川県横浜市南区高根町3-18-18 アコルデ横浜阪東橋203
予約メール・お電話でのご予約が可能です。
電話番号045-334-7540
休診日水・日曜日