MENU TEL

Blog記事一覧 > 未分類 > 通勤時の労災の適応について

通勤時の労災の適応について

2014.09.04 | Category: 未分類

通勤災害とは、労働者が通勤により被った負傷、疾病、障害又は死亡を言います。「通勤」とは、就業に関し、住居と就業の場所との間を、合理的な経路及び方法により往復することをいい、業務の性質を有するものを除くものとされていますが、往復の経路を逸脱し、又は往復を中断した場合には、逸脱又は中断の間及びその後の往復は「通勤」とはなりません。 ただし、逸脱又は中断が日常生活上必要な行為であって、厚生労働省令で定めるやむを得ない事由により行うための最小限度のものである場合は、逸脱又は中断の間を除き「通勤」となります。 

 

「就業に関し」

 

通勤とされるためには、労働者の住居と就業の場所との間の往復行為が業務と密接な関連をもって行われることが必要です。したがって、被災当日に就業することとなっていたこと、又は,現実に就業していたことが必要です。

 

 

「住居」

労働者が居住して日常生活のに用いる家屋等の場所で、本人の就業のための拠点となるとろを指します。 就業の必要上、労働者が本来の家族の住む場所とは、別に就業場所の近くにアパートを借りて、通勤している場合には、そこが住居となります。 天災や交通ストライキ等の事情のため、やむを得ず、会社近くのホテル等に泊まる場合などは、お泊りになったホテルが住居となります。

 

 

「就業の場所」   

 

労働者が仕事を開始し、又は終了する場所を意味します。 通常は、会社、工場、事務所等になります。又、営業等で商品を得意先に届けてそこから直接帰宅する場合の最後の届け先や、全員参加の会社主催行事の会場等も「就業の場所」となります。 直行直帰の営業マンの場合は、自宅を出てから最初の得意先が、業務開始の就業の場所であり、そこまでが「通勤」となります。 よって、次の得意先への移動は通勤ではなく、就業の場所間の移動とみなされ、「業務行為」となります。

 

「合理的な経路及び方法」

 

合理的な経路 とは、労働者が通勤のために通常利用することが出来る経路であれば、そのような経路がたとえ複数あったとしても、それらの経路はいずれも合理的な経路となります。ですから、会社へ通勤経路として届け出ている鉄道、バス等の通常利用する経路はもちろんのこと、他にも特段に遠回りにならない代わりになる経路があれば、それも合理的な経路として認められます。 合理的な方法とは、鉄道、バス等の公共機関、及び自動車、バイク、自転車、徒歩等、通常考えられる通勤手段は、労働者が常日頃、用いているか否かにかかわらず一般的に合理的な方法と認められます。

 

 

業務の性質を有するものとは

 

上記の各要件を満たした通勤行為であっても、その行為中に被った災害が業務災害と認められるものを意味します。     具体的には、事業主の提供する専用交通機関を利用する出退勤や緊急用務のため休日に呼出しを受けて緊急出勤する場合などが該当し、これらの行為による災害は業務災害となります。このような場合は、通勤災害ではなく、業務上災害として労災保険が使えます。

 

 

労災保険法第7条3項には以下のものがあります。

 

「労働者が、前項の往復の経路を逸脱し、又は同項の往復を中断した場合においては、当該逸脱又は中断の間及びその後の同項の往復は、第1項第2号の通勤としない。 

 

 

逸脱とは、通勤経路から外れることを指します。 → 通勤経路の範囲でないという前提 → 例:アフター5に友人と通勤では通らない場所で食事の約束をし、通勤経路を外れ場合等

 

中断とは、通勤経路の途中でストップすること → 例:通勤経路で途中下車し、居酒屋で一杯飲んでしまった場合。 ひとつ前の駅で降りて新しくできたスーパーで買い物をした場合。 

 

ただし、当該逸脱又は中断が、日常生活上必要な行為であって厚生労働省令で定めるものをやむを得ない事由により行うための最小限度のものである場合は、当該逸脱又は中断の間を除きこの限りでない。」 なお、厚生労働省令で定める逸脱、中断の例外となる行為は以下のとおりです。

 

(1) 日用品の購入その他これに準ずる行為

 

(2) 職業能力開発促進法第15条の6第3項に規定する公共職業能力開発施設において行われる職業訓練(職業能力開発総合大学校において行われるものを含みます。学校教育法第1条に規定する学校において行われる教育その他これらに準ずる教育訓練であって職業能力の開発向上に資するものを受ける行為

 

(3) 選挙権の行使その他これに準ずる行為

 

(4) 病院又は診療所において診察又は治療を受けることその他これに準ずる行為 準ずる行為の例) ○ 柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等の施術

当院へのアクセス情報

所在地〒232-0022 神奈川県横浜市南区高根町3-18-18 アコルデ横浜阪東橋203
予約メール・お電話でのご予約が可能です。
電話番号045-334-7540
休診日水・日曜日