MENU TEL

Blog記事一覧 > トレーニング > コアトレのすすめ 体の奥の筋肉を鍛えて腰痛・肩凝りを解消

コアトレのすすめ 体の奥の筋肉を鍛えて腰痛・肩凝りを解消

2015.01.01 | Category: トレーニング

 コアとは、体の中心の存在し、姿勢を保ちバランを保つのに重要な体の奥の方に存在する筋肉だと考えてください。

 

主に腹横筋・骨盤底筋・横隔膜・背骨に沿って存在する多裂筋(腹横筋多裂筋は一部つながっていますし、骨盤底筋の収縮にも連動します)等があげられます。つまりこの筋肉を鍛えれば、スポーツのあらゆる場面でブレのない安定した動作が可能になることから、現在スポーツマン必須のトレーニングとなってきました。基本は、腹式呼吸により腹横筋や多裂筋を収縮させて、体の安定を保ちつつ手や脚の動作を行うことです。

 

コアトレをすることで、怪我をしにくく、疲れにくい柔軟性とバランスのよい体を手に入れることができます。加齢に伴い、コアは意識して使わないとどんどん衰えるということです。最近では、若年層の姿勢の悪さを感じます。パソコン・スマホを長時間していたり、不良姿勢を長時間継続しているとコアを使わない生活習慣ができあがります。コアは、現代の生活では意識しない限りどんどん衰える可能性があります。特に中高年の肩こり・慢性腰痛等はコアトレで多くが解消されるはずです。コアは年と共に明らかに衰える筋肉です。自分の体をショウウインドウでみて腰が落ちて猫背になったと感じたら、コアトレを始めてください。

 

コアトレで大切なポイントは腹横筋を始めとするコアを形成する筋肉を意識しながら動作を行うことです。コアトレ本の中にもこのことについては触れていませんので、体幹トレーニングをするときは意識してコア筋を使ってください。コアを意識する方法は下の方法で練習すると良いと思います。最近注目を浴びているピラティスもコアを意識して行います。では頑張ってください!

core

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒232-0022 神奈川県横浜市南区高根町3-18-18 アコルデ横浜阪東橋203
予約メール・お電話でのご予約が可能です。
電話番号045-334-7540
休診日水・日曜日