MENU TEL

Blog記事一覧 > 交通事故治療 > 交通事故 整形外科

交通事故 整形外科

2015.09.07 | Category: 交通事故治療

横浜市南区おおさき整骨院では整形外科からの転院も可能です。

整形外科から治療中止、保険会社から治療打ち切りを宣告され当院で治療を受けた患者様の声です。

バス事故にて肋骨骨折。整形受診で2ヶ月間バストバンドで固定しました。

再度レントゲンを撮り、ほぼ骨はくっついていると言われ、整形外科での治療は終了。保険会社からは治療打ち切りを宣告されました。
しかし、患部の痛みはもちろん、周辺の脇腹にピリピリはしる不快な痛みがあり、左腕は完全に上に上げられない状態でした。このまま治療が終わったらどうしようと途方にくれていたところ、交通事故専門の看板をみておおさき整骨院に伺いました。保険会社と交渉していただき治療継続が可能になりました。

治療により左側肋骨から左脇腹にかけての痛み→すっかり消え、つぱった痛みで途中から腕が上がりきれない状態は、完全に上がるようになりました。
患部自体の痛みは日時長生活に支障がなくなったので治療を終了しました。先生には丁寧に施術していただきここまで回復できました。
心より感謝しています。

この文章は、当院で治療を受けた患者様の声です。

交通事故に遭って整形外科を受診したものの、レントゲン撮影のみで後は、シップと痛み止めの処方しかしてもらえなかった、脇腹の固定期間がながかったため、周辺部の緊張から、腕が挙がらなくなり、痛みで悩まされていたそうです。ご本人の訴えとは裏腹に、最初の整形外科では骨がほぼついたという診断で治療中止、保険会社も同様に治療打ち切りをしてきたそうです。

来院された時、まだ治療2ヶ月でしたので、当院の提携先の整形外科をご紹介し、セカンドオピニオンを受けてもらいました。診断の結果、治療の必要性が認められて当院で3ヶ月間治療継続できました。

終了時は、肋骨から脇腹の痛みも消え、挙がらなかった腕も普通にあげられるようになりました。

もし最初に治療打ち切りを言いわたされた時に諦めていたらこの方はいまだに痛みで悩んでいたかもしれません。交通事故治療ではこのようなことが大変多いのです。当院では、セカンドオピニオンが受けられる整形外科をご紹介します。諦めずにさいごまで治療しましょう!

当院へのアクセス情報

所在地〒232-0022 神奈川県横浜市南区高根町3-18-18 アコルデ横浜阪東橋203
予約メール・お電話でのご予約が可能です。
電話番号045-334-7540
休診日水・日曜日