MENU TEL

Blog記事一覧 > 未分類 > 交通事故治療 再診は可能?

交通事故治療 再診は可能?

2015.12.08 | Category: 未分類

交通事故で救急搬送された場合

 

人対車、自転車対車、バイク対車の交通事故で、救急搬送された方は全身打撲される場合が多いものです。

このようなケースでは、ほとんどの方が事故の状況を覚えていない場合が多く、搬送先でも意識がはっきりしませんので痛む箇所を適切に医師に伝えられない場合がほとんどです。

搬送先で診断書を書いてもらっても、別の部位が数日経って痛くなる場合は多く見受けられます。特にむち打ちの場合、数日から数週間経過して痛みだす場合が多いのです。

こんな時どうしたらよいにでしょうか?

勿論、事故で生じた痛み(怪我)であれば、初回の治療先の診断書にかいてあるもの以外、治療が出来ないというわけではありません。

事故当日から1週間程度であれば、痛くなった部位を新たに加えて治療することも可能です。セカンドオピニオンという形で整形外科で再度診察を受けて下さい。勿論診断書も再発行してもらえます。当院では信頼できる整形外科と提携していますのでこんな時も安心できます。

事故後2週間を経過した場合、事故との因果関係を問われるので早めに診断書はお取りください。

むち打ち治療・交通事故治療なら横浜市南区交通事故専門のおおさき整骨院へどうぞ!

当院へのアクセス情報

所在地〒232-0022 神奈川県横浜市南区高根町3-18-18 アコルデ横浜阪東橋203
予約メール・お電話でのご予約が可能です。
電話番号045-334-7540
休診日水・日曜日