MENU TEL

Blog記事一覧 > トレーニング > 膝をまっすぐ伸ばして歩きましょう

膝をまっすぐ伸ばして歩きましょう

2017.07.24 | Category: トレーニング

運動のパターン

運動パターンには、2通りあるのをご存知ですか?下半身で説明すると

1.大腿部を固定して、下腿部を動かす(伸ばす:レッグエクステンション o・k・c オープン・キテックチェーン)

2.下腿部を固定して、大腿部を動かす(c・k・c クローズド・キネテックチェーン)

歩行周期(立脚期)にもこの二つがあります。

歩行周期は、

1.イニシャルコンタクト

2.ローディングレスポンス

3.ミッドスタンス

4.ターミナルスタンス

5.プレスイング

の5つです。

1.イニシャルコンタクトは、大腿部を固定して、下腿部を動かすオープン・キテックチェーンが、2のローディングレスポンスから下腿部を固定して、大腿部を動かすクローズド・キネテックチェーンが行われています。膝を喫棘して接地期を迎えるとACL(前十字靭帯)に負担がかかるため、膝をほぼまっすぐに伸ばして(屈曲5°程度)、踵を最初につくイニシャルコンタクトが大切になります。膝は、中間関節とよばれ、歩行の伝達を維持する役割を持ちます。下腿骨・大腿骨配列した状態で荷重することが重要です。

 

当院へのアクセス情報

所在地〒232-0022 神奈川県横浜市南区高根町3-18-18 アコルデ横浜阪東橋203
予約メール・お電話でのご予約が可能です。
電話番号045-334-7540
休診日水・日曜日