MENU TEL

Blog記事一覧 > 交通事故治療 > 交通事故最初の3か月間 夏季休暇中の事故

交通事故最初の3か月間 夏季休暇中の事故

2017.08.08 | Category: 交通事故治療

交通事故に遭って最初の3か月間で、いかに適切な処置(治療)をするかが、その後の体の回復を決定します。

身体の痛みや現在どのような状態なのか(膝が曲がりにくい、腕をあげられない、腰が痛くて長時間座っていられない等)は、ご本人にしかわかりません。例え医師に痛みや体の状態が良くないことを伝えても、レントゲンで問題が認められない場合あまり取り合ってはもらえない事がほとんどす。

症状が改善しない場合、MRI等をおとりになってお体の状態を知っておいてください。後遺障害などの申請には重要になります。

又、1~2か月程度通院しても一向に改善が認められない(関節の動きが悪いまま、痛みが一向に治らない)場合は、転院をお考え下さい。6か月間整形外科に通院して改善しないので、整骨院で診て欲しいとおっしゃる患者さんがいらっしゃいますが、6か月も経過すると流石に良くなるのに時間を要します。

又、夏休み中に事故に遭われた方は、近くの病院が休みだったら、緊急指定の病院で診断書だけはお取りになってください。事故後2週間経過すると、診断書をとっても有効性が認められなくなります。・

横浜市南区高根町地下鉄阪東橋駅徒歩1分のおおさき整骨院は8月15日~19日まで診療しています。交通事故のご相談・治療もお任せください。

 

当院へのアクセス情報

所在地〒232-0022 神奈川県横浜市南区高根町3-18-18 アコルデ横浜阪東橋203
予約メール・お電話でのご予約が可能です。
電話番号045-334-7540
休診日水・日曜日