MENU TEL

Blog記事一覧 > 交通事故治療 > 乗車している際の事故

乗車している際の事故

2018.03.24 | Category: 交通事故治療

 

 

 

 

バス乗車中に、バスの突然の急停止により肋骨骨折をしてしまったA.H様。
整形外科を受診し、肋骨骨折の固定のためバストバンドを3か月間実施しました。
3か月の固定後、肋骨はほぼ骨の癒合が行われているという事で、整形外科の先生に治療を宣告されました。

ただし、骨折付近のピリピリした不快な感じや、長期の固定により腕(肩)が、正常時の半分ぐらいしか上げられない事に不安を感じておられました。

当院へ来院されたときは、残っている痛みや固定による関節の拘縮の存在を、医師に説明してもわかってもらえずに、大変なストレスを感じていたとおしゃっていました。お体を拝見させていただくと、長期間の固定により、左側の背骨を支える筋肉全体と、肩甲骨周辺部の筋肉に、強い拘縮を認めました。

当院で治療を継続するにあたり、提携先の整形外科をご紹介するとともに、加害者側の保険会社の担当に治療継続の必要性を納得していただきました。

このように治療を受けいても、あまり良くならず体に痛みを感じていたり、関節運動が思うようにできないのに、治療継続が認められなくなる場合も多いようです。本当に痛みがあり体に不自由を感じていらしたなら、治療は継続すべきです。医師や保険会社の担当には、その必要性をはっきりとわかってもらえるように説明してください。

それでもダメな場合は一度、当院へご相談いただければと思います。

おおさき整骨院では、転院して施術を受けていただくだけでなく、病院・整形外科と併院されることも可能です。
事故により何かストレスに感じていたり、どうやって治療を継続できるのか等お困りでしたら、問い合わせてみて下さい。転院をご希望でしたら、保険担当の方へ【おおさき整骨院で治療を希望します】といっていただければ、治療に入れます。

バス以外にもタクシー乗車中に、事故により受けた怪我、ご家族・ご友人の車に乗車中、事故によりに生じた怪我につきましても、自賠責保険をお使いになって治療することが出来ます。

 

むち打ち治療・交通事故治療なら、横浜市南区市営地下鉄阪東橋駅徒歩1分 手技・電療共に交通事故に特化した当院にお任せください。

当院へのアクセス情報

所在地〒232-0022 神奈川県横浜市南区高根町3-18-18 アコルデ横浜阪東橋203
予約メール・お電話でのご予約が可能です。
電話番号045-334-7540
休診日水・日曜日