MENU TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 交通事故治療の記事一覧

当て逃げされた場合、治療は?

2018.03.29 | Category: 交通事故治療

当て逃げ・ひき逃げされたら


「走行中に車に当てられが、相手側の車が、走り去ってしまった」という経験がある人もいるかもしれません。いわゆる「当て逃げ・ひき逃げ」です。

このような場合どのような事故処置が求められるでしょうか?

1.警察には必ず届ける。必ず警察を呼び、事故証明をおとりにならないと、事故との因果関係(物損・人身)が証明されません。つまり一切の保険が使いえないことになります。警察への報告が無ければ、加害者が見つかる可能性は、無くなります。その時に、軽い事故だと思っても、後からむち打ち症状などが、出る場合もあります。(10日程度)


2.加害車両にぶつけられたら、慌てずに必ず相手のナンバーを確認して記憶するか、メモするか、写メ等で記録してください。何も記録に残らなければ、警察も探す事はできません。当院の事故患者さんでも、こういったケースで加害者が発覚して、自賠責保険を使って治療できた事があります。ただし相手方が不明な場合、自賠責保険はおろか、相手方の「対物賠償保険」で、賠償してもらうこともできません。


3.もし、加害車の情報が全く分からない場合、周囲に目撃された方がいるか確認しましょう。事情を説明して、警察がくるまで待っていてもらってください。一応、目撃された方には、連絡先を聞いて、後日連絡が取れる方法を確認してください。
 
駐車場で当て逃げに遭ってしまったら、防犯カメラに加害車が映っている可能性も否定できません。駐車場の所有者に事情を説明して、できれば、防犯カメラの映像を見せてもらえるように、当たってみてはいかがでしょうか?


4.上記が全てできない場合、人身傷害保険を確認して下さい。

もし、自分の車に当て逃げされて、怪我を負ってしまった場合は、人身傷害保険で治療費や慰謝料を受け取ることができます。

歩行中や自転車に乗っている際に、ひき逃げにあった場合は、人身傷害保険の車外補償タイプで、治療費や慰謝料を全額受け取ることができます。又、車両の修理代については、加害者が特定できない当て逃げでは、ご自分の車両保険で修理費等を支払うことになりますので、修理代が少額の場合、保険の使用は考慮した方がよいかもしれません。

むち打ち治療・交通事故治療なら、横浜市南区市営地下鉄阪東橋駅徒歩1分 手技・電療共に交通事故に特化した当院にお任せください。

バイクで事故

2018.03.29 | Category: 交通事故治療

バイク事故で車と接蝕

交差点で信号が赤か黄色で、過失割合が双方食い違い最後まで(治療終了)まで決定できなかったケースです。

患者さんは、右膝(曲げられない)を打撲して、骨が見えるほど脂肪組織・筋組織が削げ落ちていました。左足親指が外側に変形、左・右股関節捻挫及び腰部を捻挫していました。かなりの痛みを訴えていましたので、1日も早い治療をしなければなりませんでした。(救急搬送)

過失割合いも決定せず過失がほぼ、患者さん側にあるため自賠責保険が使えず、ご家族の加入している保険を使っての治療となりました。施術部位も多かったのですが、保険を使って自賠責基準の治療が可能となりました。

左ひざの状態は、肉芽組織の再生が芳しくなかったので、整形外科に形成を紹介してもらい治療。他の部位は当院で治療しました。ほぼ5か月の治療で、全ての症状は緩和して、日常生活を普通にできるまで回復しました。

この時、事故後に早めの治療を受けて本当によかったと思います。

 

むち打ち治療・交通事故治療なら、横浜市南区市営地下鉄阪東橋駅徒歩1分 手技・電療共に交通事故に特化した当院にお任せください。

 

保険会社が整骨院への通院を嫌がる理由

2018.03.27 | Category: 交通事故治療

保険会社が整骨院への通院を嫌う理由

1.施術部位以外を、施術をしてお金を請求する

ご安心ください。当院は、医師が認めた施術部位以外は、例え施術を行っても治療費の請求をしません。施術部位は、腰が痛い患者さんでは腰の痛みを取るために、臀部や脚の治療を行う場合はありますが、診断書に記載しているもの以外は治療費を請求することはありませんのでご安心ください。


2.通院していない日まで通院しているかのように治療費を請求する。

言語道断です。違法行為なので決して行いません。当院では、施術日を患者さんの記録に残るように毎月確認させていただいています。つまり当院で施術を受けた日以外の水増し請求は決してできないシステムになっています。


3.医師は、整骨院の施術を嫌い、整骨院へ通院すると言うだけで機嫌が悪くなる。

不快感を示されたり、疑問を感じる対応をされた場合には、当院の提携先整形外科への転院をお勧めします。当院提携先の整形外科とは、交通事故治療において患者さんを紹介していただいています。提携先の先生も、施術の有効性を認めて頂いています。ご安心ください。


4.接骨院に通院すると、保険会社や医師とトラブルになる可能性がありませんか?

確かに、水増し請求や治療部位の改ざん等を行っている整骨院へ通っている、自分も詐欺行為の共犯者の容疑が、かかる場合も否定できないでしょう。ご安心ください。当院では、交通事故問題に強い弁護士さんから、推薦いただいている整骨院です。提携先弁護士法人「心」さんは、交通事故治療する場合、むしろ整骨院で治療を勧めています。上記のようなトラブルに巻き込まれることはありません。

 

むち打ち治療・交通事故治療なら、横浜市南区市営地下鉄阪東橋駅徒歩1分 手技・電療共に交通事故に特化した当院にお任せください。

乗車している際の事故

2018.03.24 | Category: 交通事故治療

 

 

 

 

バス乗車中に、バスの突然の急停止により肋骨骨折をしてしまったA.H様。
整形外科を受診し、肋骨骨折の固定のためバストバンドを3か月間実施しました。
3か月の固定後、肋骨はほぼ骨の癒合が行われているという事で、整形外科の先生に治療を宣告されました。

ただし、骨折付近のピリピリした不快な感じや、長期の固定により腕(肩)が、正常時の半分ぐらいしか上げられない事に不安を感じておられました。

当院へ来院されたときは、残っている痛みや固定による関節の拘縮の存在を、医師に説明してもわかってもらえずに、大変なストレスを感じていたとおしゃっていました。お体を拝見させていただくと、長期間の固定により、左側の背骨を支える筋肉全体と、肩甲骨周辺部の筋肉に、強い拘縮を認めました。

当院で治療を継続するにあたり、提携先の整形外科をご紹介するとともに、加害者側の保険会社の担当に治療継続の必要性を納得していただきました。

このように治療を受けいても、あまり良くならず体に痛みを感じていたり、関節運動が思うようにできないのに、治療継続が認められなくなる場合も多いようです。本当に痛みがあり体に不自由を感じていらしたなら、治療は継続すべきです。医師や保険会社の担当には、その必要性をはっきりとわかってもらえるように説明してください。

それでもダメな場合は一度、当院へご相談いただければと思います。

おおさき整骨院では、転院して施術を受けていただくだけでなく、病院・整形外科と併院されることも可能です。
事故により何かストレスに感じていたり、どうやって治療を継続できるのか等お困りでしたら、問い合わせてみて下さい。転院をご希望でしたら、保険担当の方へ【おおさき整骨院で治療を希望します】といっていただければ、治療に入れます。

バス以外にもタクシー乗車中に、事故により受けた怪我、ご家族・ご友人の車に乗車中、事故によりに生じた怪我につきましても、自賠責保険をお使いになって治療することが出来ます。

 

むち打ち治療・交通事故治療なら、横浜市南区市営地下鉄阪東橋駅徒歩1分 手技・電療共に交通事故に特化した当院にお任せください。

交通事故弁護士さん、頼みたいのですが・・・

2018.03.22 | Category: 交通事故治療

DMK

まだ痛いのに加害者側保険会社の一方的な打ち切り、3か月くらいするとそれまで連絡のなかった担当者から【もう治療することはできませんよ】等といわれてはいませんか?

又は、通っていた整形外科の先生から本当に体が痛くて満足に歩くこともできないのに【もう、3か月経ったから治療は、いいでしょう、今月で、打ち切るから示談にしましょう】と言われててはいませんか?

こんな時、ご自分でどうしてよいか、わからなくなりますよね・・・。

交通事故では、

D(打撲)1か月 N(捻挫)3か月 K(骨折)という隠語(保険会社)があります。

これに当てはめると、頸椎捻挫(むち打ち)なら、3か月をめどに治療の終了を迫ってきます。

ただし全てが症例がこれに当てはまることもなく、人によっては6か月以上の治療が必要になり、自費で行っている人もいらっしゃいます。

保険会社や医師は、患者さんの痛みについて把握している事は皆無なので、一方的な打ち切りが行われてしまうのでしょう。

痛みがあるのに示談にしてしまえば、それ以降の補償(慰謝料・治療費・必要経費等)は全てご自分の負担となります。

ご自分の周りの人に聞いても、専門的な知識がないので、保険会社の担当者のペースにはまり、概ね示談に持っていかれてしまう傾向があります。

困ったときは、交通事故専門の弁護士にご相談してみてはいかがですか?当院では、専属の交通事故専門弁護士さんと、提携していますので、困ったときはすぐに連絡がとれますし、患者さん・整骨院の間の意思疎通が、しっかりととれるようになっています。

ちなみに、もし弁護士特約にはいっていたら、間違いなく利用されることとお勧めします。

私は、事故に遭い6か月治療を行った際、専属弁護士さんにお願いした結果、通院慰謝料で満足できる額をとっていただきました。当院では、治療を受けた患者さんに、弁護士さんのご紹介させていただいております。

 

むち打ち治療・交通事故治療なら、横浜市南区市営地下鉄阪東橋駅徒歩1分 手技・電療共に交通事故に特化した当院にお任せください。

 

自賠責保険は全ての交通事故に使えるの?

2018.03.16 | Category: 交通事故治療

交通事故で怪我をした場合、自賠責保険を使って治療を受ける事ができます。

相手方が悪い場合(過失が何割かある場合)、保険会社に連絡をとり自賠責保険の適応申請を、自賠責を扱う機関に行ってもらうわけです。この場合加害者側の保険会社が、施術する整骨院や病院に対して、前倒しで料金を払ってくれる形となります。

前倒しというのは、自賠責保険を扱っている保険に対して行ってくれる行為だからです。この間2か月程度あきますので、施術・治療する側としては保険会社が施術料金の支払いを行ってくれる事は助かるわけです。

又、相手方の保険会社の担当が、怪我の程度が軽微だと判断して支払いを拒んだ場合、自分で保険の申請しなければなりません。(被害者請求)つまり、自賠責保険会社が保険料を支払ってくれるまでの期間の治療費は、全て自費となってしまします。

当院で自賠責保険が下りなかった例をあげますと

1.ミラーをこすったり、バンパーが軽くへこむ程度の車体の損傷

2.医師の診断書が全治1週間程度~10日程度のもの

3.車の修理費が少額であった(10万程度)

等です。保険がおりないので自費となりました。

一概にすべてのケースでとは言えませんが、保険を出す側に軽微な怪我とみなされた場合、自賠責保険で治療するのは、なかなか現状難しいと思います。

ただし、車両同士でなくても

1・道路を歩いていて車やバイクにぶつけられた

2.自転車に乗っていて車・バイクにぶつけられた

3.歩道で駐車場から出てきた車にぶつけられた

等については自賠責保険を使い治療を受けることは勿論可能です。

事故に遭ってしまった方には、大変申し訳ありませんが上記の怪我のような場合、健康保険を使って治療できる機関をお探しください。

当院では、原則自賠責保険が適応される怪我に対して、交通事故施術をさせていただいております。

仮に、健康保険をお使いになって治療を受けていただくことになりますと、保険の手続き等で時間を要します。又、施術料金については、特殊技術料や延長料金を含みますので、窓口料金は2000円から3000円程度となります。なにとぞご理解いただきますようにお願いします。

むち打ち治療・交通事故治療なら、横浜市南区市営地下鉄阪東橋駅徒歩1分 手技・電療共に交通事故に特化した当院にお任せください。

症状別 電気治療器の使い方 ハイボル・立体動態波・超音波

2018.02.08 | Category: 交通事故治療,未分類

皮膚感覚受容器・関節受容器には、触覚(マイスナー小体)、圧覚(パチニ小体・振動覚受容器)温覚(ルフィニ小体・温痛覚受容器)冷覚(クラウゼ終球)痛覚(自由神経終末)の4種類が存在しています。

電療は、それぞれの治療器の持つ特性をいかして、この皮膚感覚受容器に対して刺激を与えることで、関節液の量を一定に保ったり(ルフィニ小体)、関節内圧を制御(パチニ小体)したり、自由神経終末に働きかけて疼痛抑制を行い・機能を改善してくれます。

例えば、

ハイボルテージや立体動態波は

自由神経終末のうち

Aδ繊維に作用して、鋭い痛みや、速い痛み等の高閾値機械所容器に反応する(痛みの抑制)

C線維に作用して(鈍い痛み、焼け付く痛み、遅い痛み等のポリモーダル受容器に反応する(痛みの抑制)

関節内のⅣ型 侵害受容器に働きかけて関節のひっかかりや違和感といったものを減少させる

筋肉の緊張を緩和する

といった特徴を持ちます。

一方超音波治療器は、関節のルフィニ・パチニ小体に働きかけて、関節液の量を一定に保ったり、関節内圧を制御するのに有効です。また骨・軟骨に働きかけて骨の修復を促進してくれます。

つまりハイボルテージや立体動態波は、痛みの抑制に関しては優等生ですが、関節液を一定に保ったり、関節内圧を制御する働きでは、超音波の方が優れています。

ハイボルテージ・立体動態波・超音波を目的に応じて使い分けることで、むち打ち、肩関節周囲炎・肩峰下インピンジメント、坐骨神経痛、変形性関節症、足関節捻挫等の症状を和らげ、関節の機能を改善する事が可能となります。

ハイボルテージ・立体動態波・超音波治療なら、横浜市交通事故治療専門整骨院 おおさき整骨院

 

むち打ち治療・交通事故治療なら、横浜市南区市営地下鉄阪東橋駅徒歩1分 手技・電療共に交通事故に特化した当院にお任せください。

 

 

おおさき整骨院の治療のメリット

2017.08.19 | Category: 交通事故治療

交通事故で怪我をすると病院・整形外科で診断書を取らなければなりません。そしてそのままその治療機関で治療を行う場合が、多いと思われます。

例えばあなたが「頸椎捻挫」(むち打ち)と診断された場合、病院・整形外科でどのような治療が期待できると思いますか?


当院に転院されてきた患者様は「湿布・痛み止め」を出されて治療終了する場合がほとんどです。リハビリ施設のある場合、電療や牽引が行われるようですが、医師によって行われる事はありません。又、痛みを訴えても2~4か月で治療を中止する場合が多いようです。

では、整形外科・病院と比べて整骨院はどんなメリットがあるのでしょうか?


おおさき整骨院では、まず

1.むちうち症(頸椎捻挫)と診断された場合、様々なテストにより首のどの筋肉が痛んでいるのか、そしてどのような運動制限や神経症状があるのかを判断します。例えば、炎症を起こしていないか?曲げる筋肉を痛めているのか、伸ばす筋肉を痛めているのか、捻る筋肉を痛めているのか?靭帯は傷んでいないか?を見極め、その筋肉や靭帯の緊張を取り除く施術を行っていきます。筋肉や筋膜の緊張は、背骨の形状を変化させるほど(歪み)強い張力を持ちます。

むちうち症の治療を、早期に開始しなければならない理由の一つです。


2.身体を車や地面にうちつけて、打撲や挫傷といった怪我を生じた場合、身体の深部に血種や脂肪層等の異質な組織が形成されます。これを取り除かない限り痛みは、継続します。組織が柔軟で活発で元気な状態に戻るのためには、手技による施術とリハビリ運動が不可欠だと考えます。整骨院ならではの治療といえることができるでしょう。


3.お医者さん、保険会社、整骨院では、それぞれの立場が違います。

おおさき整骨院では、毎日患者様の体の状態を、手技や検査により確認していますし、患者様の痛みを直接お聞きしています。

身体の変化や患者さんの症状をお聞きしていますので、的確なアドバイスができます。患者さんが痛みを訴えている状態で、治療を中止することはありません。

治らないと悩んでいる方は、どうぞおおさき整骨院での治療をお考え下さい。

交通事故最初の3か月間 夏季休暇中の事故

2017.08.08 | Category: 交通事故治療

交通事故に遭って最初の3か月間で、いかに適切な処置(治療)をするかが、その後の体の回復を決定します。

身体の痛みや現在どのような状態なのか(膝が曲がりにくい、腕をあげられない、腰が痛くて長時間座っていられない等)は、ご本人にしかわかりません。例え医師に痛みや体の状態が良くないことを伝えても、レントゲンで問題が認められない場合あまり取り合ってはもらえない事がほとんどす。

症状が改善しない場合、MRI等をおとりになってお体の状態を知っておいてください。後遺障害などの申請には重要になります。

又、1~2か月程度通院しても一向に改善が認められない(関節の動きが悪いまま、痛みが一向に治らない)場合は、転院をお考え下さい。6か月間整形外科に通院して改善しないので、整骨院で診て欲しいとおっしゃる患者さんがいらっしゃいますが、6か月も経過すると流石に良くなるのに時間を要します。

又、夏休み中に事故に遭われた方は、近くの病院が休みだったら、緊急指定の病院で診断書だけはお取りになってください。事故後2週間経過すると、診断書をとっても有効性が認められなくなります。・

横浜市南区高根町地下鉄阪東橋駅徒歩1分のおおさき整骨院は8月15日~19日まで診療しています。交通事故のご相談・治療もお任せください。

 

交通事故 無料相談

2017.08.03 | Category: 交通事故治療

 

おおさき整骨院では交通事故のご相談を無料で受けています。

交通事故で怪我をした場合、なにをどのように進めていあったよいのかを迷います。治療を受けなければなりませんが、そのためにはどのように手続きをおこなったらよいのか、はっきりとわからない方がほとんどです。

自分の保険会社も被害者様に過失割合がついた場合は、加害者側との交渉に応じてくれますが、過失0の場合全てご自身で相手方保険会社と交渉を行わなければならなくなります。

又、加害者側が任意保険に加入していない場合も同じように、被害者請求の手続きを行っていかなければなりません。

あげく困り果てて、加害者側の保険会社に質問すると担当者によっては、加害者に有利な情報しか教えてくれなかったりします。

この様な場合どうしたらよいのでしょう?

交通事故に詳しいおおさき整骨院へご連絡下さい。治療手続きから、整形外科のご紹介・交通事故専門弁護士のご紹介とすべての面でお手伝いできると確信しております。

保険会社への対応の仕方は勿論、通院慰謝料、休業損害の計算方法など様々な相談ご相談に応じさせていただきます。スムーズに交通事故に手続きを進めていくことができます!

整骨院では、自賠・任意の一括(相手方が任保険加入の場合・過失100はできません。)施術では、自己負担金0円で治療を受けることが出来ます。怪我の治療は、自賠責保険・任意保険を使って受けることができます。又ご自身の加入している任意保険(人身傷害保険)等を使っての治療も可能です。加害者の方も、お怪我をされた場合、過失100でなければ、減額になりますが、自賠責保険を使えますし、ご自身の加入している任意保険を利用することも可能です。

お困りでしたらおおさき整骨院へご相談下さい。

 

当院へのアクセス情報

所在地〒232-0022 神奈川県横浜市南区高根町3-18-18 アコルデ横浜阪東橋203
予約メール・お電話でのご予約が可能です。
電話番号045-334-7540
休診日水・日曜日