MENU TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 交通事故治療の記事一覧

当て逃げされた場合、治療は?

2018.03.29 | Category: 交通事故治療

当て逃げ・ひき逃げされたら


「走行中に車に当てられが、相手側の車が、走り去ってしまった」という経験がある人もいるかもしれません。いわゆる「当て逃げ・ひき逃げ」です。

このような場合どのような事故処置が求められるでしょうか?

1.警察には必ず届ける。必ず警察を呼び、事故証明をおとりにならないと、事故との因果関係(物損・人身)が証明されません。つまり一切の保険が使いえないことになります。警察への報告が無ければ、加害者が見つかる可能性は、無くなります。その時に、軽い事故だと思っても、後からむち打ち症状などが、出る場合もあります。(10日程度)


2.加害車両にぶつけられたら、慌てずに必ず相手のナンバーを確認して記憶するか、メモするか、写メ等で記録してください。何も記録に残らなければ、警察も探す事はできません。当院の事故患者さんでも、こういったケースで加害者が発覚して、自賠責保険を使って治療できた事があります。ただし相手方が不明な場合、自賠責保険はおろか、相手方の「対物賠償保険」で、賠償してもらうこともできません。


3.もし、加害車の情報が全く分からない場合、周囲に目撃された方がいるか確認しましょう。事情を説明して、警察がくるまで待っていてもらってください。一応、目撃された方には、連絡先を聞いて、後日連絡が取れる方法を確認してください。
 
駐車場で当て逃げに遭ってしまったら、防犯カメラに加害車が映っている可能性も否定できません。駐車場の所有者に事情を説明して、できれば、防犯カメラの映像を見せてもらえるように、当たってみてはいかがでしょうか?


4.上記が全てできない場合、人身傷害保険を確認して下さい。

もし、自分の車に当て逃げされて、怪我を負ってしまった場合は、人身傷害保険で治療費や慰謝料を受け取ることができます。

歩行中や自転車に乗っている際に、ひき逃げにあった場合は、人身傷害保険の車外補償タイプで、治療費や慰謝料を全額受け取ることができます。又、車両の修理代については、加害者が特定できない当て逃げでは、ご自分の車両保険で修理費等を支払うことになりますので、修理代が少額の場合、保険の使用は考慮した方がよいかもしれません。

むち打ち治療・交通事故治療なら、横浜市南区市営地下鉄阪東橋駅徒歩1分 手技・電療共に交通事故に特化した当院にお任せください。

バイクで事故

2018.03.29 | Category: 交通事故治療

バイク事故で車と接蝕

交差点で信号が赤か黄色で、過失割合が双方食い違い最後まで(治療終了)まで決定できなかったケースです。

患者さんは、右膝(曲げられない)を打撲して、骨が見えるほど脂肪組織・筋組織が削げ落ちていました。左足親指が外側に変形、左・右股関節捻挫及び腰部を捻挫していました。かなりの痛みを訴えていましたので、1日も早い治療をしなければなりませんでした。(救急搬送)

過失割合いも決定せず過失がほぼ、患者さん側にあるため自賠責保険が使えず、ご家族の加入している保険を使っての治療となりました。施術部位も多かったのですが、保険を使って自賠責基準の治療が可能となりました。

左ひざの状態は、肉芽組織の再生が芳しくなかったので、整形外科に形成を紹介してもらい治療。他の部位は当院で治療しました。ほぼ5か月の治療で、全ての症状は緩和して、日常生活を普通にできるまで回復しました。

この時、事故後に早めの治療を受けて本当によかったと思います。

 

むち打ち治療・交通事故治療なら、横浜市南区市営地下鉄阪東橋駅徒歩1分 手技・電療共に交通事故に特化した当院にお任せください。

 

乗車している際の事故

2018.03.24 | Category: 交通事故治療

 

 

 

 

バス乗車中に、バスの突然の急停止により肋骨骨折をしてしまったA.H様。
整形外科を受診し、肋骨骨折の固定のためバストバンドを3か月間実施しました。
3か月の固定後、肋骨はほぼ骨の癒合が行われているという事で、整形外科の先生に治療を宣告されました。

ただし、骨折付近のピリピリした不快な感じや、長期の固定により腕(肩)が、正常時の半分ぐらいしか上げられない事に不安を感じておられました。

当院へ来院されたときは、残っている痛みや固定による関節の拘縮の存在を、医師に説明してもわかってもらえずに、大変なストレスを感じていたとおしゃっていました。お体を拝見させていただくと、長期間の固定により、左側の背骨を支える筋肉全体と、肩甲骨周辺部の筋肉に、強い拘縮を認めました。

当院で治療を継続するにあたり、提携先の整形外科をご紹介するとともに、加害者側の保険会社の担当に治療継続の必要性を納得していただきました。

このように治療を受けいても、あまり良くならず体に痛みを感じていたり、関節運動が思うようにできないのに、治療継続が認められなくなる場合も多いようです。本当に痛みがあり体に不自由を感じていらしたなら、治療は継続すべきです。医師や保険会社の担当には、その必要性をはっきりとわかってもらえるように説明してください。

それでもダメな場合は一度、当院へご相談いただければと思います。

おおさき整骨院では、転院して施術を受けていただくだけでなく、病院・整形外科と併院されることも可能です。
事故により何かストレスに感じていたり、どうやって治療を継続できるのか等お困りでしたら、問い合わせてみて下さい。転院をご希望でしたら、保険担当の方へ【おおさき整骨院で治療を希望します】といっていただければ、治療に入れます。

バス以外にもタクシー乗車中に、事故により受けた怪我、ご家族・ご友人の車に乗車中、事故によりに生じた怪我につきましても、自賠責保険をお使いになって治療することが出来ます。

 

むち打ち治療・交通事故治療なら、横浜市南区市営地下鉄阪東橋駅徒歩1分 手技・電療共に交通事故に特化した当院にお任せください。

交通事故弁護士さん、頼みたいのですが・・・

2018.03.22 | Category: 交通事故治療

DMK

まだ痛いのに加害者側保険会社の一方的な打ち切り、3か月くらいするとそれまで連絡のなかった担当者から【もう治療することはできませんよ】等といわれてはいませんか?

又は、通っていた整形外科の先生から本当に体が痛くて満足に歩くこともできないのに【もう、3か月経ったから治療は、いいでしょう、今月で、打ち切るから示談にしましょう】と言われててはいませんか?

こんな時、ご自分でどうしてよいか、わからなくなりますよね・・・。

交通事故では、

D(打撲)1か月 N(捻挫)3か月 K(骨折)という隠語(保険会社)があります。

これに当てはめると、頸椎捻挫(むち打ち)なら、3か月をめどに治療の終了を迫ってきます。

ただし全てが症例がこれに当てはまることもなく、人によっては6か月以上の治療が必要になり、自費で行っている人もいらっしゃいます。

保険会社や医師は、患者さんの痛みについて把握している事は皆無なので、一方的な打ち切りが行われてしまうのでしょう。

痛みがあるのに示談にしてしまえば、それ以降の補償(慰謝料・治療費・必要経費等)は全てご自分の負担となります。

ご自分の周りの人に聞いても、専門的な知識がないので、保険会社の担当者のペースにはまり、概ね示談に持っていかれてしまう傾向があります。

困ったときは、交通事故専門の弁護士にご相談してみてはいかがですか?当院では、専属の交通事故専門弁護士さんと、提携していますので、困ったときはすぐに連絡がとれますし、患者さん・整骨院の間の意思疎通が、しっかりととれるようになっています。

ちなみに、もし弁護士特約にはいっていたら、間違いなく利用されることとお勧めします。

私は、事故に遭い6か月治療を行った際、専属弁護士さんにお願いした結果、通院慰謝料で満足できる額をとっていただきました。当院では、治療を受けた患者さんに、弁護士さんのご紹介させていただいております。

 

むち打ち治療・交通事故治療なら、横浜市南区市営地下鉄阪東橋駅徒歩1分 手技・電療共に交通事故に特化した当院にお任せください。

 

自賠責保険は全ての交通事故に使えるの?

2018.03.16 | Category: 交通事故治療

交通事故で怪我をした場合、自賠責保険を使って治療を受ける事ができます。

相手方が悪い場合(過失が何割かある場合)、保険会社に連絡をとり自賠責保険の適応申請を、自賠責を扱う機関に行ってもらうわけです。この場合加害者側の保険会社が、施術する整骨院や病院に対して、前倒しで料金を払ってくれる形となります。

前倒しというのは、自賠責保険を扱っている保険に対して行ってくれる行為だからです。この間2か月程度あきますので、施術・治療する側としては保険会社が施術料金の支払いを行ってくれる事は助かるわけです。

又、相手方の保険会社の担当が、怪我の程度が軽微だと判断して支払いを拒んだ場合、自分で保険の申請しなければなりません。(被害者請求)つまり、自賠責保険会社が保険料を支払ってくれるまでの期間の治療費は、全て自費となってしまします。

当院で自賠責保険が下りなかった例をあげますと

1.ミラーをこすったり、バンパーが軽くへこむ程度の車体の損傷

2.医師の診断書が全治1週間程度~10日程度のもの

3.車の修理費が少額であった(10万程度)

等です。保険がおりないので自費となりました。

一概にすべてのケースでとは言えませんが、保険を出す側に軽微な怪我とみなされた場合、自賠責保険で治療するのは、なかなか現状難しいと思います。

ただし、車両同士でなくても

1・道路を歩いていて車やバイクにぶつけられた

2.自転車に乗っていて車・バイクにぶつけられた

3.歩道で駐車場から出てきた車にぶつけられた

等については自賠責保険を使い治療を受けることは勿論可能です。

事故に遭ってしまった方には、大変申し訳ありませんが上記の怪我のような場合、健康保険を使って治療できる機関をお探しください。

当院では、原則自賠責保険が適応される怪我に対して、交通事故施術をさせていただいております。

仮に、健康保険をお使いになって治療を受けていただくことになりますと、保険の手続き等で時間を要します。又、施術料金については、特殊技術料や延長料金を含みますので、窓口料金は2000円から3000円程度となります。なにとぞご理解いただきますようにお願いします。

むち打ち治療・交通事故治療なら、横浜市南区市営地下鉄阪東橋駅徒歩1分 手技・電療共に交通事故に特化した当院にお任せください。

交通事故最初の3か月間 夏季休暇中の事故

2017.08.08 | Category: 交通事故治療

交通事故に遭って最初の3か月間で、いかに適切な処置(治療)をするかが、その後の体の回復を決定します。

身体の痛みや現在どのような状態なのか(膝が曲がりにくい、腕をあげられない、腰が痛くて長時間座っていられない等)は、ご本人にしかわかりません。例え医師に痛みや体の状態が良くないことを伝えても、レントゲンで問題が認められない場合あまり取り合ってはもらえない事がほとんどす。

症状が改善しない場合、MRI等をおとりになってお体の状態を知っておいてください。後遺障害などの申請には重要になります。

又、1~2か月程度通院しても一向に改善が認められない(関節の動きが悪いまま、痛みが一向に治らない)場合は、転院をお考え下さい。6か月間整形外科に通院して改善しないので、整骨院で診て欲しいとおっしゃる患者さんがいらっしゃいますが、6か月も経過すると流石に良くなるのに時間を要します。

又、夏休み中に事故に遭われた方は、近くの病院が休みだったら、緊急指定の病院で診断書だけはお取りになってください。事故後2週間経過すると、診断書をとっても有効性が認められなくなります。・

横浜市南区高根町地下鉄阪東橋駅徒歩1分のおおさき整骨院は8月15日~19日まで診療しています。交通事故のご相談・治療もお任せください。

 

交通事故 無料相談

2017.08.03 | Category: 交通事故治療

 

おおさき整骨院では交通事故のご相談を無料で受けています。

交通事故で怪我をした場合、なにをどのように進めていあったよいのかを迷います。治療を受けなければなりませんが、そのためにはどのように手続きをおこなったらよいのか、はっきりとわからない方がほとんどです。

自分の保険会社も被害者様に過失割合がついた場合は、加害者側との交渉に応じてくれますが、過失0の場合全てご自身で相手方保険会社と交渉を行わなければならなくなります。

又、加害者側が任意保険に加入していない場合も同じように、被害者請求の手続きを行っていかなければなりません。

あげく困り果てて、加害者側の保険会社に質問すると担当者によっては、加害者に有利な情報しか教えてくれなかったりします。

この様な場合どうしたらよいのでしょう?

交通事故に詳しいおおさき整骨院へご連絡下さい。治療手続きから、整形外科のご紹介・交通事故専門弁護士のご紹介とすべての面でお手伝いできると確信しております。

保険会社への対応の仕方は勿論、通院慰謝料、休業損害の計算方法など様々な相談ご相談に応じさせていただきます。スムーズに交通事故に手続きを進めていくことができます!

整骨院では、自賠・任意の一括(相手方が任保険加入の場合・過失100はできません。)施術では、自己負担金0円で治療を受けることが出来ます。怪我の治療は、自賠責保険・任意保険を使って受けることができます。又ご自身の加入している任意保険(人身傷害保険)等を使っての治療も可能です。加害者の方も、お怪我をされた場合、過失100でなければ、減額になりますが、自賠責保険を使えますし、ご自身の加入している任意保険を利用することも可能です。

お困りでしたらおおさき整骨院へご相談下さい。

 

交通事故後、治療を受けるための手順(重要)

2017.07.22 | Category: 交通事故治療

交通事故に遭って、整骨院・整形外科・病院で治療を受ける場合には、怪我の状態を証明する診断書が必要になります。

人身事故として治療を受けるのであれば、必ず診断書を警察に提出しなければなりません。この際、加害者側の保険会社に連絡すると、人身事故扱いにしなくても治療を受けてさせてくれる旨、説明されるかもしれませんが、診断書は事故証明なので、必ず医師に(病院・整形外科)書いてもらってください。患者さんは、整骨院で診断書を書いてもらえると思いがちですが、柔道整復師に診断権はありません。

加害者側の保険会社に整骨院で治療を受けることはできないとか、医師が整骨院での治療を認めないと、整骨院では治療ができない、又は整形外科での治療しか認められていない等と言われ、整骨院で治療ができないと思っていらっしゃったらご連絡ください。治療が問題なく出来るよう図らいます。整骨院は、厚生労働省が認めた交通事故治療機関です。

最寄りの病院か整形外科に、事故後できるだけ早く行ってください。それから診断書を持って当院に来院して治療を受けていただければと思います。(脳挫傷等があった場合、診断書がないと事故との因果関係が証明できなくなります)おおさき整骨院では、整形外科では行わない手技治療を十分に受けることができます。

又は、事故後すぐに整骨院で治療を受けたい方は、当院へご連絡いただき、当院での治療後に診断書をおとりになっても構いません。あなたが医師に述べた体の状態(カルテ)が最も大切な事故当時の記録となります。どんなに些細な痛みでも医師には、ちゃんと口述で伝えましょう。苦手な方は、箇条書きにして医師に渡すのもいいかもしれません。診断書を書いてもらえる整形外科に心当たりがなければ、当院で信頼できる整形外科をご紹介しています。

交通事故 加害者側が任意保険に未加入の場合 被害者請求(NEW)

2017.07.06 | Category: 交通事故治療

 

交通事故加害者が、自賠責保険と任意保険に保険に入っている場合、一般的には任意保険の会社に損害賠償金を請求することになります。

ただし、交通事故の加害者が示談交渉にまともに応じなかったり、誠意を持って対応をしない場合、被害者自ら自賠責保険の「被害者請求」を行うほうが、治療の流れをスムーズに運べます。

一般的に用いられる「自賠責・任保険一括払い」では、示談の成立が損害賠償金支払いの条件とされるので、示談がまとまらない限り、慰謝料はもとより、通院にかかる交通費や加害者が負担すべき費用を、被害者は受け取ることができないのです。

又、交通事故加害者が任意保険に加入していない場合は、加害者が加入している自賠責保険の保険会社を調べておいてください(必須)。

加害者側の自賠責保険の保険会社を調べるには、車検証とセットになっている「自動車損害賠償責任保険証明書」を確認することです。

記載されている保険会社が「被害者請求」の請求先となります。

加害者の「自賠責保険証明書番号」を控えておいてください。交通事故が発生した直後に、事故相手の住所や勤め先とともに記録しておくことが望ましいと思います。

相手方保険会社に事故の連絡を行い、事故状況や負傷が確認できる保険請求のための書類を送付します。 さらに、その状況に応じた必要書類を準備し、保険会社による損害調査が行われ、自賠責保険の保険金が支払われます。

この際に提出する書類は保険会社によって異なりますので、必ず事前に確認してください。

概ね以下の書類となります。


被害者請求に必要な書類

保険金請求書 保険会社に請求

交通事故証明書 自動車安全運転センターで入手

事故発生状況報告書  事故当事者などが作成

死体検案書または死亡診断書  被害者本人が死亡した場合に病院で発行

診断書、診療報酬明細書  交通事故の負傷を治療した病院で入手

交通費明細書  通院に公共交通機関やタクシーを使った場合

被害者本人の印鑑登録証明書、戸籍謄本、除籍謄本  被害者本人が死亡した場合

加害者が賠償済みの領収証  交通事故の損害にかかる実費を支払ったもの

休業損害証明書 事業主の源泉徴収票、または課税証明書など

後遺障害診断書 後 遺障害の損害賠償を行う場合、医師に発行を依頼

お怪我の治療には、赤字は必須となります。

 


自賠責保険の「被害者請求」では、被害者自身が加害者の保険会社を相手に請求を行わなければなりません。しかし、交通事故に遭ってしまい、生活や仕事に支障をきたすような状態で、以上に説明したような書類などを準備し、保険会社を相手に請求を行うことに、ストレスを感じたら、専門家(弁護士に)相談してみるのもよいと思います。弁護士特約にはいっていれば、無料で依頼できます。(弁護士特約は、ご自分の加入している保険会社の許可が必要となりますのでお確かめください)

当院の交通事故専門弁護士に、被害者請求の作成を依頼していただければ、原則窓口料金は無料となります。窓口(施術)料金は、弁護士により被害者請求が行われ、後日当院へ支払われることになります。(ただし、ケースにより1部負担等異なることもございます。)

又、会社員の方は、ご自身の会社の保険担当の方にお願いすれば、被害者請求の書類の作成も可能かもしれません。

ご自身で被害者請求を加害者側の自賠責保険会社に行う場合

被害者さんが加害者側の自賠責の保険会社に問い合わせていただき、窓口または郵送で、請求書類一式をもらい、必要事故を記入して提出していただければ、窓口料金は無料となります。書類の数は、概ね6~9種類となります。

加害者が加入している自賠責保険会社が分からない場合は以下の二つの方法で確認できます。

①自動車安全運転センター発行の交通事故証明書を取得する。

②加害自動車に備え付けられている自賠責保険証明書を加害者から提示してもらう。

全ての必要書類を作成していただき、申請が完了して、確認できるまでは、内金(治療費の1部)をいただきます。

相手方の保険会社に、書類提出の確認が出来ましたら窓口料金(治療費)は無料とさせていただきます。

 

(平成29年8月3日現在)

 

 

 

通院慰謝料(弁護士基準)

2017.03.09 | Category: 交通事故治療

通院慰謝料は自賠責基準で算定されると 1日4200円X・実通院日数×2 OR 治療期間(いずれかの少ない方) となりますが、弁護士基準では以下の通りです。 通院慰謝料の目安は、通院期間に応じて以下の通りです。加害者側保険会社の通院慰謝料の提示は、自賠責基準で算定されます。慰謝料としては、最低の額だと思ってください。

通院期間 他覚症状 むち打ち
1か月 28 19
2か月 52 28
3か月 73 53
4か月 90 67
5か月 105 79
6か月 116 89
7か月 124 97
8か月 132 103
10か月 145 109
12か月 154 119
14か月 162 121

                  単位万円 

14ヶ月以上の場合は、1ヶ月につき2万円(1万円)を加算します。赤い本によるものです。保険会社の通院慰謝料は最も低い自賠責基準を元に算定されます。ご注意ください。
 

当院へのアクセス情報

所在地〒232-0022 神奈川県横浜市南区高根町3-18-18 アコルデ横浜阪東橋203
予約メール・お電話でのご予約が可能です。
電話番号045-334-7540
休診日水・日曜日