MENU TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 未分類の記事一覧

過失割合が多くて・・・

2015.12.19 | Category: 未分類

過失割合が多い場合自己負担になるの?

バイク事故で通院した患者様さんが、3回の治療で来院されなくなりました。

この方は、過失割合が患者さんの方に多く、いわゆる加害者という立場で治療を受けていらっしやいました。

来院されたときに治療費は、過失割合に応じて減額される旨の説明をさせていただきました。

又、加害者という立場であっても、1日通院するごとに慰謝料が支給される事も説明させていただき、納得されたようすでした。

最後(3回目)の治療を契機に1か月経ち来院されたときもうすでに治療が継続できない状態となっていました。(治療間隔が空きすぎると事故との因果関係が明確でなくなる)幸い1か月後の来院時、回復に向かっているとのことで安心しました。(施術証明にため来院)

しっかりと説明させていただいたにも関わらず、窓口料金を考えて治療に来るのを我慢されたのだと思いました。

このようなケースでは、自賠責保険の担当が決まっていないまま治療しますので、幾らかの窓口料金をいただくことになります。(概ね3000円)要相談。

 

ご自身か、行政書士先生に頼んで自賠責保険の申請をしっかりと行っていれば、過失割合が7割以上であっても治療費は2割の負担となります。つまり窓口料金は後で戻ってくると考えていいと思います。つまり、120万の自賠責保険の上限のうちの2割減が支払われます。

電話連絡・メール連絡もさせていただいて補足説明も試みましたが連絡つかずで以上の結果となりました。

 

 

 

勇気を出して治療しましょう。

2015.12.08 | Category: 未分類

治療をタメラッテいたら・・・

交通事故の全身打撲等で痛みが強い場合、治療に行くのもためらわれる場合があります。こんなに痛いのに

マッサージなんか耐えられないと思う方も多いことでしょう。

数日経って気持ちが落ち着いたら、是非勇気を出して治療することを決断してください。

当院では、キネシヲテーピング、特殊電気治療、仙腸関節AKA等出来るだけ痛みを感じない治療を初期の段階では行っていきます。

1日でも早い治療こそが早期に痛みから解放される唯一の手段なのです。俗にいう神の手に委ねる必要はありません。

初期治療が遅れた場合や、治療がいい加減であった場合、ほとんどの方が後遺症で悩みます。示談終了後は治療費もかなりの負担となりま

す。

当院の1回の治療でかなり楽になれるはずです。

痛いからといって痛み止めとシップだけでの治療では治りません。そのまま動かない状態を維持していれば体が動かなくなる可能性もありえ

ます。

ご自分の体です。よく観察してください。最近、体が固まってきたと感じたら、そして治療することを決断したらご連絡下さい。

 

 

 

交通事故治療 再診は可能?

2015.12.08 | Category: 未分類

交通事故で救急搬送された場合

 

人対車、自転車対車、バイク対車の交通事故で、救急搬送された方は全身打撲される場合が多いものです。

このようなケースでは、ほとんどの方が事故の状況を覚えていない場合が多く、搬送先でも意識がはっきりしませんので痛む箇所を適切に医師に伝えられない場合がほとんどです。

搬送先で診断書を書いてもらっても、別の部位が数日経って痛くなる場合は多く見受けられます。特にむち打ちの場合、数日から数週間経過して痛みだす場合が多いのです。

こんな時どうしたらよいにでしょうか?

勿論、事故で生じた痛み(怪我)であれば、初回の治療先の診断書にかいてあるもの以外、治療が出来ないというわけではありません。

事故当日から1週間程度であれば、痛くなった部位を新たに加えて治療することも可能です。セカンドオピニオンという形で整形外科で再度診察を受けて下さい。勿論診断書も再発行してもらえます。当院では信頼できる整形外科と提携していますのでこんな時も安心できます。

事故後2週間を経過した場合、事故との因果関係を問われるので早めに診断書はお取りください。

むち打ち治療・交通事故治療なら横浜市南区交通事故専門のおおさき整骨院へどうぞ!

ES-530

2015.10.22 | Category: 未分類

立体動態波やハイボルテージ等9種類の電気刺激モードで治療し
当院の手技を行えば即効性抜群!

通勤時の労災の適応について

2014.09.04 | Category: 未分類

通勤災害とは、労働者が通勤により被った負傷、疾病、障害又は死亡を言います。「通勤」とは、就業に関し、住居と就業の場所との間を、合理的な経路及び方法により往復することをいい、業務の性質を有するものを除くものとされていますが、往復の経路を逸脱し、又は往復を中断した場合には、逸脱又は中断の間及びその後の往復は「通勤」とはなりません。 ただし、逸脱又は中断が日常生活上必要な行為であって、厚生労働省令で定めるやむを得ない事由により行うための最小限度のものである場合は、逸脱又は中断の間を除き「通勤」となります。 

 

「就業に関し」

 

通勤とされるためには、労働者の住居と就業の場所との間の往復行為が業務と密接な関連をもって行われることが必要です。したがって、被災当日に就業することとなっていたこと、又は,現実に就業していたことが必要です。

 

 

「住居」

労働者が居住して日常生活のに用いる家屋等の場所で、本人の就業のための拠点となるとろを指します。 就業の必要上、労働者が本来の家族の住む場所とは、別に就業場所の近くにアパートを借りて、通勤している場合には、そこが住居となります。 天災や交通ストライキ等の事情のため、やむを得ず、会社近くのホテル等に泊まる場合などは、お泊りになったホテルが住居となります。

 

 

「就業の場所」   

 

労働者が仕事を開始し、又は終了する場所を意味します。 通常は、会社、工場、事務所等になります。又、営業等で商品を得意先に届けてそこから直接帰宅する場合の最後の届け先や、全員参加の会社主催行事の会場等も「就業の場所」となります。 直行直帰の営業マンの場合は、自宅を出てから最初の得意先が、業務開始の就業の場所であり、そこまでが「通勤」となります。 よって、次の得意先への移動は通勤ではなく、就業の場所間の移動とみなされ、「業務行為」となります。

 

「合理的な経路及び方法」

 

合理的な経路 とは、労働者が通勤のために通常利用することが出来る経路であれば、そのような経路がたとえ複数あったとしても、それらの経路はいずれも合理的な経路となります。ですから、会社へ通勤経路として届け出ている鉄道、バス等の通常利用する経路はもちろんのこと、他にも特段に遠回りにならない代わりになる経路があれば、それも合理的な経路として認められます。 合理的な方法とは、鉄道、バス等の公共機関、及び自動車、バイク、自転車、徒歩等、通常考えられる通勤手段は、労働者が常日頃、用いているか否かにかかわらず一般的に合理的な方法と認められます。

 

 

業務の性質を有するものとは

 

上記の各要件を満たした通勤行為であっても、その行為中に被った災害が業務災害と認められるものを意味します。     具体的には、事業主の提供する専用交通機関を利用する出退勤や緊急用務のため休日に呼出しを受けて緊急出勤する場合などが該当し、これらの行為による災害は業務災害となります。このような場合は、通勤災害ではなく、業務上災害として労災保険が使えます。

 

 

労災保険法第7条3項には以下のものがあります。

 

「労働者が、前項の往復の経路を逸脱し、又は同項の往復を中断した場合においては、当該逸脱又は中断の間及びその後の同項の往復は、第1項第2号の通勤としない。 

 

 

逸脱とは、通勤経路から外れることを指します。 → 通勤経路の範囲でないという前提 → 例:アフター5に友人と通勤では通らない場所で食事の約束をし、通勤経路を外れ場合等

 

中断とは、通勤経路の途中でストップすること → 例:通勤経路で途中下車し、居酒屋で一杯飲んでしまった場合。 ひとつ前の駅で降りて新しくできたスーパーで買い物をした場合。 

 

ただし、当該逸脱又は中断が、日常生活上必要な行為であって厚生労働省令で定めるものをやむを得ない事由により行うための最小限度のものである場合は、当該逸脱又は中断の間を除きこの限りでない。」 なお、厚生労働省令で定める逸脱、中断の例外となる行為は以下のとおりです。

 

(1) 日用品の購入その他これに準ずる行為

 

(2) 職業能力開発促進法第15条の6第3項に規定する公共職業能力開発施設において行われる職業訓練(職業能力開発総合大学校において行われるものを含みます。学校教育法第1条に規定する学校において行われる教育その他これらに準ずる教育訓練であって職業能力の開発向上に資するものを受ける行為

 

(3) 選挙権の行使その他これに準ずる行為

 

(4) 病院又は診療所において診察又は治療を受けることその他これに準ずる行為 準ずる行為の例) ○ 柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等の施術

宮島 厳島神社

2014.08.29 | Category: 未分類

宮島につくなり鹿の洗礼を受けました。かなり人に慣れているらしく、手に食べ物を持った人間には、鹿がアッタックしているのを何遍か見ました。要注意です。

宿の人に迎えに来てもらい、荷物を置いて近くを散策しました。5時でほとんどの施設はクローズでしたので、大聖院コースの山道をほんの少しだけ登ってみました。大聖院もクローズです。ついでに多宝塔にも寄ってみました。

CIMG0618CIMG0603

 

白糸の滝             多宝塔  

本日はこれでお終い。明日に備えて宿に戻りました。

2日目 朝食を終えて厳島神社の参拝をしました。午前中は大鳥居まで歩いていけます。

 

CIMG0620CIMG0643

 

CIMG0650CIMG0648

 

夏季休暇 広島の旅

2014.08.25 | Category: 未分類

CIMG0574CIMG0581CIMG0595CIMG0594

夏季休暇をとらせていただき広島に行ってまいりました。新横浜~広島まで新幹線、そこから、広島電鉄電車「宮島口」「江波」方面行に乗車し、原爆ドーム前で下車しました。原爆記念公園内の原爆ドームや原爆死没者慰霊碑、国立広島原爆死没者追悼平和祈念館等ひととおり回り、昼食をとり宮島に向かいました。

 

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒232-0022 神奈川県横浜市南区高根町3-18-18 アコルデ横浜阪東橋203
予約メール・お電話でのご予約が可能です。
電話番号045-334-7540
休診日水・日曜日