MENU TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 臨床の記事一覧

スクリュー・ボーン・ムーブメント

2017.07.25 | Category: 臨床

https://tiryo.net/shitsugaidaitaikansetsu.html 膝関節の構造

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正常な膝の機能を持つ人は、座位で、膝を伸ばしていった場合、膝の伸展最終域では、10°程度(大腿骨に対して)外旋していきます。これを終末強制回旋運動(screw-bone movement :SBM)と呼んでいます。

 

終末強制回旋というのは、膝関節の構造上の左右差(半月板の形状、靭帯・筋肉の付着部位)などの違いから生じます。大腿骨の内側顆と、外側顆の曲率を半径を比較すると、内側顆の方が、大きいので膝を完全伸展するためには、脛骨を外旋(外に捻る)しなければばなりません)つまり意識しなくても膝の関節(靭帯・筋肉・半月板)に問題が認められなければ、膝は自然に最終伸展領域(0~30)で10°程度の外旋を伴うということです。

例えば、膝をまっぐに伸ばしているつもりなのに外旋が出ない人は、膝関節の拘縮部分(靭帯・筋肉・半月板)に改善(リリース)を加える余地があることを意味しています。

この運動(大腿脛骨関節)を妨げる要因として

1.大腿内側顆の形状

2.前十字靭帯の緊張

3.大腿四頭筋の外側への緊張

等があげられます。

1.としては半膜様筋や腓腹筋の連結部分で癒着が見られるような場合、大腿内顆の内側後面の柔軟性が失われることから、膝伸展時の外旋の動きが阻害されます。

又、膝窩筋 (起始)大腿骨の外側顆に付着。この筋肉の緊張が高まると外側半月板の動きが抑えられるため、前方への移動が抑え込まれます。緊張を解くことが大切です。(停止)脛骨の上部で後面に付着。膝関節を屈曲・内旋する働きを持ちます。

この2つの筋肉の緊張は、半月板の動きの妨げとなりますので、ストレッチングにより筋緊張を取っていきます。

この筋・筋膜部分をリーリースすることで、動きが回復されることも少なくありません。

セルフ・リリースの方法も当院では指導させていただきます。

2.の前十字靭帯に関しては、緊張が高まった状態を維持すると、OAになる可能性があります。テーピング等での補強が必要となります。

3.大腿四頭筋は大腿直筋・中間広筋・内側広筋・外側広筋の4つから構成されますが、大腿直筋が頑張りすぎて(筋緊張亢進)するとQアングルが崩れてしまいます。大腿直筋の緊張亢進は、骨盤にも影響を与えるので、筋腱移行部の緊張を適切な刺激により、落としてあげなければなりません。これもセルフでできる方法をご指導させていただきます。

又、膝関節伸展時に重要な働きを持つのが、膝蓋大腿関節です。

膝は伸展時に半月膝蓋靭帯の牽引により上方に移動します。外側半月板の動きが内側半月板に比べて大きいため、上外方に牽引されるのが正常ですが、膝蓋骨の下にある膝蓋下脂肪体膝蓋下脂肪体の癒着が起こると、膝蓋骨が低位(下方偏位)の状態になります。(膝蓋骨の下が極端に凹んでいたら癒着の可能性があります)もしこのような状態でしたら、膝関節伸展に伴って前方移動すべき膝蓋下脂肪体や半月板が移動しにくくなります。

対応策として、膝蓋骨の下を両手で挟み込み横に動かすことで拘縮が改善されるかもしれません。

 

健康な膝は、機能的にもまっすぐに伸ばせる膝だといえます。膝を伸ばすことを阻害している因子をなくしていくことで膝の痛みは改善されると思います。

 

O脚の人の重心移動

2014.12.31 | Category: 臨床

O脚の人は、股関節が外側に開き(外転)、捻られている(外旋)ので、膝の関節は外に向かい、足関節(足首)は、内反状態となります。

 

本来、股関節・膝関節・足首が直線上にならんで、歩行をすることで正しい重心の移動が行われますが、O脚の人では足首の内反に伴い、重心の移動は外側に移り膝関節の内側に負荷がかかるようになり、変形性膝関節症をおこす原因となります。

 

当院では、股関節から、足首までの位置関係を正しく矯正することで歩行時の負担を軽減して、膝の痛み・股関節の痛みを改善します。足くびの痛み・ふくらはぎのむくみ・股関節の痛み・膝の痛みでお悩みの方はO脚改善施術を勧めします。30分3000円~

 

 

O脚の人           正常な人

重心移動が外に       踵から親指に移動

 gidou

姿勢矯正施術 施術前後比較

2014.08.14 | Category: 臨床

 shisei1 shisei2

 

施術前                              施術後

 

来院時、背骨・骨盤は歪み、腰痛で歩くことも困難なM様でした。運動テスト、骨指標の位置関係から、腰痛の原因が、骨盤の歪み・背骨の歪みと判定しました。 施術前後の姿勢変化(後方より撮影)を比較したものです。恥骨、仙骨、腸骨の歪みを改善するため計5回の骨盤帯施術をしました。1回目の施術で歩行が楽になり、計5回の施術後、写真の示す通り、肩の左右差、背骨の弯曲、骨盤の左右差(恥骨・仙骨・腸骨)は改善し、腰痛はなくなり正常歩行ができるようになりました。

斜頸

2014.07.31 | Category: 臨床

斜頸

首が患側(悪いほう)に斜めに側屈し、顔が健側(よいほう)に回旋して、頸部の運動制限(患側への回旋・健側への側屈制限)が生じます。斜頸には、筋性(きんせい)斜頸が最も頻度が高く、眼性(がんせい)斜頸、炎症性斜頸、痙性(けいせい)斜頸などがそれに続きます。ここでは、筋性斜頸を扱います。

筋性斜頚

原因としては、新生児が分娩時に受ける外傷で発生するといわれます。乳幼児までに診断がついていることが多く、成人以降、急に発症することは、ほとんどありません。胸鎖乳突筋の筋肉が短縮して、それが残ると子供の首や頭が悪いほうに傾き、顔が健側に回旋し、右肩が左肩に比べて挙がっています。右側に発症する場合が多いのが、特徴です。   

夏場に多いぎっくり腰

2014.07.25 | Category: 臨床

梅雨明けから、連日うだるような暑さが続いています。

この時期多いのがぎっくり腰です。なぜ夏場にぎっくり腰が多いのでしょうか?

ひとつは、疲労だと思います。暑さに慣れていないこの時期、睡眠も浅く、食欲はなくなります。腎・胃・大腸などのツボに弱りがみられます。

 

もうひとつは、冷えです。外に出ると、暑いため汗をかいて熱を外に出します。建物の中はクーラーがきいて、寒さすら感じます。これを繰り返しているうちにすっかり体が冷えきります。できれば、下着の替えを用意したいものです。クーラーの冷気は出来るだけ、半袖の腕にも浴びたくないものです。

又、冷たいものを口に運ぶ機会も増えますので、体は内から冷やされます。冷たいもののとりすぎは、体の抵抗力をさげます。夏風邪にもつながります。

当然、体が冷えることによる坐骨神経痛も要注意です。

シャワーだけで済ませず、必ず湯船で体を温めましょう!

 

 

トリガーポイント

2014.07.18 | Category: 臨床

慢性的な筋肉の痛みを訴える患者さんは、痛みから離れた場所に、ヌルヌルとした硬いしこりが存在することが知られています。このヌルヌルを索状硬結(トリガーポイント)と呼びます。

 

トリガーとは、「引き金」を意味します。トリガーポイントとは、不自然な姿勢等をとり続けると、筋肉の深部組織に損傷や浮腫を生じ、異常な興奮が、脳に送られます。この興奮状態が続くことにより、筋・筋膜性の疼痛・トリガーポイントを作り出します。

 

トリガーポイントの興味深い点は、トリガーポイント以外の場所にコリを感じる場所を形成するところです。 つまり、冒頭で申したように、ご本人が痛みを感じる場所から離れた場所に、痛みの発生源『トリガーポイント』が存在し、そこを治療していかなければ、痛みを感じている場所の根本的な解決にはならないのです。

ばね指施術について

2014.07.17 | Category: 臨床

 中指のばね指になり、治して欲しいとお電話をいただきました。

ばね指とは、指の使いすぎで腱鞘、腱の肥大硬化により指が曲げ伸ばし時に抵抗を感じる、あるいは痛みを感じるもので女性に多いのが、特徴です。

経絡的に施術すべき経穴うを探り、厥陰兪に硬結・圧痛、椎間関節の狭窄を認める。肩甲間部の経穴を中心に 指圧、按摩を繰り返した後、上腕部~前腕部の心包経のツボを3点拾い指圧を行いました。

さらに基本仙腸関節AKAを5種類行った後、椎間関節4、5番に逆捻転・順捻転を繰り返し施術し、胸肋関節にも同様にAKAを行いました

指の緊張は緩んで曲げ伸ばしができるようになりました

 

骨盤矯正

2014.07.16 | Category: 臨床

夕方、そろそろ受付終了の時間帯に電話がかかってきました。
症状は、腰が痛くて脚が痺れ、歩くのも辛いとの事でした。

7時まで予約が入っていたので、その後であれば施術をしますということで、予約をお取りしました。
整骨院に来たときのお客様の様子は、脚の痺れを大腿部の横・後ろ・前全て感じ、同部位に筋硬直
を生じ、どうにもならない辛い様子でした。

大腿部を触診し、坐骨神経痛かなとも思いましたが、このような症状をご本人が過去に経験したことがないこと
突然に襲ってきた痛みであることから、背骨・仙骨・骨盤の歪みを想定し、それぞれの骨指標から
左右差を確かめてみました。明らかに左上前腸骨棘が右よりも下がっていたので、運動テストを実施して左
側の腸骨に問題があることを確認しました。

左腸骨が前方回旋していることによりこの左右差が生じているため、これを後方に回旋する施術を行ったところ
わずか1分間で痛みは完全に消え去りました。ご本人が一番驚いていました。

経穴

2014.07.16 | Category: 臨床

経穴とは生体の臓腑経路の気が体表のある特定の部位に流注しているものです。経穴は、兪穴ともよばれます。

現代の鍼灸臨床において経穴は、人体の生理機能、病理変化が体表のある特定部位に表れる敏感点、診療の反応点、鍼灸の刺激点として理解されています。

 

経穴の分類

1.14経穴 12経脈・督脈・任脈に属する経穴を指し14経穴を略称している。一般的に言われる経穴はこれを意味することが多い。

 

2.奇穴 具体的な名称・明確な部位をもちながら、12経脈・督脈・任脈に属さない穴位を奇穴という。

 

3.阿是穴 圧痛点のこと

当院へのアクセス情報

所在地〒232-0022 神奈川県横浜市南区高根町3-18-18 アコルデ横浜阪東橋203
予約メール・お電話でのご予約が可能です。
電話番号045-334-7540
休診日水・日曜日