MENU TEL

当院の手技について

横浜市南区おおさき整骨院では、患者様一人ひとりのお身体の状態に最もあった治療を選択して1日も早い改善を目指します。

1. AKA関節運動法

私は、AKAの創始者博田節夫先生により開発された*AKA(anthrokinematic approch)の理論、施術法を学び、ご自身の経絡施術にとりいれ経絡按摩・関節運動法を体系づけられた田中勝先生の開催する経絡按摩・関節運動法研究会に2011年より3年間参加させていただきました。(基礎科・研究科終了)

*関節運動学に基づき関節神経学を考慮して関節の遊び、関節の滑り、回転、回旋等の関節包内の異常を改善する方法、関節面の滑りを誘導する方法と定義され、関節機能の異常・関節拘縮の改善・神経再教育・筋力増強等を目的に行われます。

横浜市南区高根町おおさき整骨院では、痛みを発している経脈上の経穴(ツボ)と背中の兪穴と呼ばれるツボを按摩・指圧することでお身体の調整をしていきます。
又、身体に痛みを発している場合、関節の動きが悪い場合、仙腸関節、脊椎椎間関節、上下肢にAKA関節運動法(離開・滑り・回転・回旋)を行い、関節包内の動きを改善するとともに経絡の気・血の改善を図ります。
中でも仙腸関節AKA(トップページの写真)は、全ての関節の痛み・関節の動きを改善いたします。

2. IDストレッチング

筋肉は、同じ筋でもいろいろな方向に線維が走行しています。筋肉を効果的に伸ばすためには、筋線維が一直線上になるような施術肢位を選択し、走行が大きく異なるときには、方向を変えてそれぞれの筋線維をストレッチすることが望ましいとされます。
①筋肉の筋緊張が高まっているとき、②同じ筋肉でも、方向性が大きく異なる場合は、3次元的に捉えて実施するIDストレッチングが通常のストレッチングよりも有効とされます。
当院ではペインリリース研究会に参加して学んだIDストレッチングを、治療に取り入れ、首・肩・腰痛・腕・脚の柔軟性の改善及び痛みの緩和に効果を発揮しています。

  1. 筋肉の緊張を和らげる
  2. 柔軟性(可動域)の改善
  3. 筋痛の緩和
  4. 血液循環を良くする
  5. 障害予防
  6. パフォーマンスの向上

こんな人にIDストレッチングは、向いています。

  • 関節の稼動域を広くしたい人
  • 筋肉がつりやすい人
  • スポーツをやって筋肉痛になっている人
  • 関節拘縮予防のリハビリ

IDストレッチング三輪書店 鈴木重行編集より

3. MET(マッスルエナジー・テクニック)

筋紡錘は筋肉の緊張を和らげるなど筋肉の張力に関連する多くの役割を担う筋繊維です。
滑る、転倒する、該当する筋肉の使いすぎ等のアクシデントに見舞われると、筋紡錘はその部分の筋肉を拘縮させ、防御体勢を取るようにプログラムします。
一度拘縮して緊張した筋紡錘は、放置したままでは元には戻りません。この拘縮した筋紡錘に直接的に働きかけてリセットさせるのがMET(マッスル・エナジーテクニック)です。

まず、左右非対称で、可動域制限のかかった問題のある関節を見つけます。
その関節で可動域にかかる3つの運動制限領域(屈曲・伸展側屈、回旋)を確認し、お客様自身の微細な力で筋肉を7~8秒間力を発揮していただきます。
インターバルで深呼吸し、徐々に運動制限領域を拡大して筋紡錘の緊張をリセットしていきます。

METは筋紡錘をお客様自身の発揮する力で緩めるという性質をもつため、危険性が少なく急性外傷(捻挫)等にも適応できる優れた施術方法です。AKA関節運動法が受動的な性格を持つのに対して、METは能動的な施術法といえます。
マッスルエナジーテクニックは、患者様と施術者の間で力の出し方、力の方向性、呼吸の仕方等を確認し合って行うアクティブ・モビライゼーションです。

4. キネシオ・テーピング

キネシオテーピングにより動きやすい体の状態を作ります。
キネシオテーピングを貼ることにより

  1. 痛み・こり・内出血を改善できる
  2. 腫れを軽減して痛みを改善
  3. 筋肉疲労を回復させることが出来ます

当院へのアクセス情報

所在地〒232-0022 神奈川県横浜市南区高根町3-18-18 アコルデ横浜阪東橋203
予約メール・お電話でのご予約が可能です。
電話番号045-334-7540
休診日水・日曜日