MENU TEL

坐骨神経痛

横浜市南区高根町にあるおおさき整骨院が坐骨神経痛の悩みは改善します。

坐骨神経痛は不快なしびれや痛みのみでなく進行すると歩けなくなります。横浜市南区高根町にあるおおさき整骨院で施術を受け、坐骨神経痛の痛みから解放されましょう!坐骨神経痛とは何を示すのでしょうか?

 

坐骨神経痛

zakotsu

坐骨神経は、末梢神経のなかで最も長く、鉛筆の軸よりも太いといわれています。第4、5腰神経と第1~3仙骨神経からなり、梨状筋という仙骨から股関節にまたがる筋肉の下を通って大腿の後ろを下がり、膝の裏で2つの神経に分かれ、足先まで続きます。
坐骨神経痛は、腰椎の隙間から出て骨盤を抜けて、お尻の筋肉から出てくるまでのどこかで、圧迫やしめつけが起きた為に起きると考えられます。つまり、坐骨神経痛とは、病名ではなく、神経症状をあらわした言葉です。

坐骨神経がのしびれの範囲が大きくなってくると、歩行障害等の症状を訴える場合もあります。骨盤の歪みによって神経が、圧迫を受けて脚のしびれが起きることもあります。

坐骨神経痛の発症は、年齢により異なり、若い人で最も多いのは、腰椎椎間板ヘルニア、次に梨状筋症候群が挙げられます。腰椎椎間板ヘルニアは、急激には発症し、仰向けの状態で下肢を伸展挙上すると坐骨神経症状が強くなるのが特徴的です。(ラゼーグ徴候が陽性)。

梨状筋間のしめつけや圧迫により起きる梨状筋症候群は、比較的ゆっくりと生じ、一般的にはラセーグ徴候の出現がみられません。梨状筋間で坐骨神経がしめつけられ、仕事やスポーツでストレスが加わり発症することが多いようです。

高齢者では変形性腰椎症や腰部脊柱管狭窄症などに多く見られます。その他、年齢に関係ない疾患として、脊髄腫瘍や骨盤内腫瘍などがあります。腫瘍性の病変を鑑別する場に合は、画像診断が必要です。腰部脊柱管狭窄症と診断され、坐骨神経症状が当院の施術で改善した方も多くおられます。一度ご相談ください。

坐骨神経痛を改善する治療

神経通路で狭くなっている箇所を緩めることです。腰部以外にも、中・小殿筋、梨状筋、太腿裏のハムストリングス、ふくらはぎ等の筋肉の緊張が、坐骨神経痛症状を誘発している場合が多いのが特徴です。治療は、まずこれらの筋肉のトリガーポイントの緊張を取り去ります。次に、背骨・骨盤の歪みを、腰椎AKA、仙腸関節AKA、マリガンテクニック、IDストレッチ等で整復し、狭くなった神経通路を治療していきます。坐骨神経痛でお悩みの方は、横浜市南区高根町にあるおおさき整骨院で、治療を受けてみてはいかがでしょうか?

当院へのアクセス情報

所在地〒232-0022 神奈川県横浜市南区高根町3-18-18 アコルデ横浜阪東橋203
予約メール・お電話でのご予約が可能です。
電話番号045-334-7540
休診日水・日曜日