MENU TEL

おおさき整骨院の手技について

2018.12.18 | Category: むちうち治療

おおさき整骨院の手技について

横浜市南区おおさき整骨院では、患者様一人ひとりのお身体の状態に最もあった治療を選択して1日も早い改善を目指します。

 

 

 

 

 

 

 

 

1. AKA関節運動法

 

私は、AKAの創始者博田節夫先生により開発された*AKA(anthrokinematic approch)の理論、施術法を学び、ご自身の経絡施術にとりいれ経絡按摩・関節運動法を体系づけられた田中勝先生の開催する経絡按摩・関節運動法研究会に2011年より3年間参加させていただきました。(基礎科・研究科終了)

 

*関節運動学に基づき関節神経学を考慮して関節の遊び、関節の滑り、回転、回旋等の関節包内の異常を改善する方法、関節面の滑りを誘導する方法と定義され、関節機能の異常・関節拘縮の改善・神経再教育・筋力増強等を目的に行われます。

 

横浜市南区高根町おおさき整骨院では、痛みを発している経脈上の経穴(ツボ)と背中の兪穴と呼ばれるツボを按摩・指圧することでお身体の調整をしていきます。
又、身体に痛みを発している場合、関節の動きが悪い場合、仙腸関節、脊椎椎間関節、上下肢にAKA関節運動法(離開・滑り・回転・回旋)を行い、関節包内の動きを改善するとともに経絡の気・血の改善を図ります。

仙腸関節AKA(下の写真)は、全ての関節の痛み・関節の動きを改善いたします。

 

 

2. IDストレッチング

 

筋肉は、同じ筋でもいろいろな方向に線維が走行しています。筋肉を効果的に伸ばすためには、筋線維が一直線上になるような施術肢位を選択し、走行が大きく異なるときには、方向を変えてそれぞれの筋線維をストレッチすることが望ましいとされます。

①筋肉の筋緊張が高まっているとき、②同じ筋肉でも、方向性が大きく異なる場合は、3次元的に捉えて実施するIDストレッチングが通常のストレッチングよりも有効とされます。

当院ではペインリリース研究会に参加して学んだIDストレッチングを、治療に取り入れ、首・肩・腰痛・腕・脚の柔軟性の改善及び痛みの緩和に効果を発揮しています。

 

  1. 筋肉の緊張を和らげる
  2. 柔軟性(可動域)の改善
  3. 筋痛の緩和
  4. 血液循環を良くする
  5. 障害予防
  6. パフォーマンスの向上
  7. むちうち症

 

こんな人にIDストレッチングは、向いています。

 

  • 関節の稼動域を広くしたい人
  • 筋肉がつりやすい人
  • スポーツをやって筋肉痛になっている人
  • 関節拘縮予防のリハビリ

IDストレッチング三輪書店 鈴木重行編集より

 

3. MET(マッスルエナジー・テクニック)

 

筋紡錘は筋肉の緊張を和らげるなど筋肉の張力に関連する多くの役割を担う筋繊維です。
滑る、転倒する、該当する筋肉の使いすぎ等のアクシデントに見舞われると、筋紡錘はその部分の筋肉を拘縮させ、防御体勢を取るようにプログラムします。
一度拘縮して緊張した筋紡錘は、放置したままでは元には戻りません。この拘縮した筋紡錘に直接的に働きかけてリセットさせるのがMET(マッスル・エナジーテクニック)です。

まず、左右非対称で、可動域制限のかかった問題のある関節を見つけます。
その関節で可動域にかかる3つの運動制限領域(屈曲・伸展側屈、回旋)を確認し、お客様自身の微細な力で筋肉を7~8秒間力を発揮していただきます。
インターバルで深呼吸し、徐々に運動制限領域を拡大して筋紡錘の緊張をリセットしていきます。

 

METは筋紡錘をお客様自身の発揮する力で緩めるという性質をもつため、危険性が少なく急性外傷(捻挫)等にも適応できる優れた施術方法です。AKA関節運動法が受動的な性格を持つのに対して、METは能動的な施術法といえます。

マッスルエナジーテクニックは、患者様と施術者の間で力の出し方、力の方向性、呼吸の仕方等を確認し合って行うアクティブ・モビライゼーションです。

 

 

4. キネシオ・テーピング

 

キネシオテーピングにより動きやすい体の状態を作ります。
キネシオテーピングを貼ることにより

  1. 痛み・こり・内出血を改善できる
  2. 腫れを軽減して痛みを改善
  3. 筋肉疲労を回復させることが出来ます

筋肉が固くなり動きが悪くなる理由と対処法(むち打ち)

2018.12.14 | Category: むちうち治療

横浜市磯子区・南区・中区 浦舟町・阪東橋・吉野町・中村町・黄金町・伊勢佐木長者町 交通事 むち打ち治療なら当院へお任せください!

 

患者さんが痛いという場所を、マッサージだけしても治らない理由

筋肉が固くなり動きが悪くなる理由


1.筋節の減少 

 太いフィラメントと細いフィラメントが筋肉を引っ張る(伸張する)ことで、フィラメント間が開いていきます。このフィラメント(筋節)がいくつも縦軸につながることで筋肉は構成されます。筋節が減少していくと筋肉自体が伸張しなくなります。

マッサージ等で痛みを生じているところに陽圧を加えると、攣縮(筋肉の緊張)を生じてしまいます。攣縮を取るには、筋膜リリースも有効ですが、痛みが強い場合、立体動態波ステックを用いて、トリガーポイントに電気施術することでも可能です。

 

 


2.コラーゲン線維は引っ張ると平坦化しますが、コラーゲン間に架橋結合ができると筋肉は伸びにくくなります。

 

 


ストレッチングが有効な理由

 

関節(腱)を固定して等尺性収縮を行うと、筋肉は中心に集まろうとします。

筋・腱移行部に伸張刺激が加わるとき、筋肉は切れないように筋節を合成して増やしていきます。つまりストレッチングを正しく行えば、筋節の数が増加します。

等尺性収縮(筋肉を中止に集め)とストレッチング(伸張性刺激を加えて筋節の数を増やす)を交互に行うことが、筋節の数が増加させるのに有効です。むち打ちにもこの原則を利用して硬くなった筋肉を緩めていきます。無理にストレッチングはしません。痛みはほとんどありません。

 

交通事故 筋スパズム

2018.12.14 | Category: むちうち治療

交通事故の特徴 関節機能障害と筋スパズム

動きのある関節軟骨面は凸面と凹面にわかれ、適度な間隔を保って(適度な遊びをつくり)、関節包に包まれています。関節内は、関節液に満たされて関節の滑らかな動きを保っています。


          https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/health/symptom/22_kansetsutsu/index1.htmlから引用


 

交通事故のよう強い衝撃が体に加わると、関節は強制的かつ突発的に速い動きを強いられます。その際、関節は歪んでしまい、関節に遊びがなくなり関節の動きに支障が生じます。 関節内で関節運動が正常に行われなくなった状態(滑らかな動きができなくなった状態)を、関節機能障害といいます。交通事故では、頸部のむち打ち症、腰部のむち打ち症、事故の衝撃を足や手で支えようとした時に起きる、肩や股関節の関節機能障害、体の一部を車体にぶつけて生じる関節機能障害などがそれに該当します。関節の遊びが無くなり、うまく滑ったり転がったりできなくなるとことで(関節の機能障害を生じると)、筋肉の痛みと攣縮(1つの神経支配領域の筋肉の発作性収縮:筋スパズム)を生じます。 筋スパズムは関節の機能障害で引き起こされるわけですから、関節機能障害を取り除けばスパズムは大きく減少します。機能障害を起こしている関節で(むち打ち症)痛みのある筋肉をいきなりストレッチングしたりマッサージすることは、有効ではなく逆効果なのです。

 


 

交通事故ではむち打ちの他に、胸椎(後灣の増加・側弯)、腰椎(前彎の減少)、骨盤(片方の腸骨の上下動、旋回、内・外旋、脚長差)等を生じ、関節の機能障害から筋肉の圧痛を生じます。その他腰仙関節や股関節の関節機能障害によって、股関節を支持する周辺部筋肉(腸腰筋・梨状筋・中、小殿筋・恥骨筋・大腿筋膜張筋・外側広筋・ハムストリングス筋群)がスパズムを起こして神経通路を狭窄して痺れ等を生じることもあります。筋スパズムを放置しておくと、筋スパズムと伴った筋の結合組織の短縮・筋拘縮へと発展しますので早い段階で除去したいものです。 関節機能障害に有効とされるのは、当院で行っている関節の遊びをつくるAKA関節運動法 MET(筋や腱の固有受容器に働きかけるマッスルエナジーテクニック)・関節の運動療法等です。当院ではこの施術で、むち打ち症やぎっくり腰などの関節機能障害を取りのぞきます。その後、段階的にIDストレッチングや経絡指圧を行っていきます。

むち打ちで損傷される筋肉(当院のむち打ち治療)

2018.12.14 | Category: むちうち治療

当院のむち打ち治療

 

トリガーポイントとは

Simon の定義によれば、トリガーポイントとは「筋組織の触診可能な索状硬結中に存在して、押すと鋭い痛みを感じるスポット」となります。トリガーポイントとは、筋肉の最小単位である筋細胞内の収縮・弛緩させるタンパク質(サルコメア)が短くなり、その機能が低下した状態と言えます。トリガーポイントの堆積により筋膜に痛みが生じます。しかし、その痛みは必ずしもトリガーポイント上に発生するわけではなく、他の場所に送られる特徴を持ちます。(関連痛)筋膜は、体の覆う布のような存在で、布の一部にしわがよれば、他の部分にもしわがよるといった性質を持ちます。

 

当院では、むち打ち治療を

 

1.超音波治療での筋膜温熱療法・立体動態波等のトリガーポイントへの電療

2.トリガーポイントへの押圧、IDストッチング、コントラクト・リラックス(短くなったサルコメアを伸張するのに有効)

3.筋肉のリラックスを誘導する自動介助運動、AKA関節運動、マリガンテクニックやMETによって筋、靭帯、関節包の緊張を緩めて関節可動域の回復をはかります。当院でのぎっくり腰施術は、主にこの方法で行っています。

 

等を中心に行っています。(セルフストッチング・簡単な矯正運動等のご指導)

 

toriga-poinnto torigarpoinnt

 

むち打ちで損傷される主な筋肉とトリガーポイント

顎二腹筋後腹 側頚部・顎周囲に痛みがでます。この筋肉にトリガーポイントを生じると、口を空けたり、物を飲み込んだり、発声障害をおこします。


胸鎖乳突筋 トリガーポイントが、近位か、遠位かで痛みの出る場所が異なります。近位では耳介・耳介後方・顎・顔面、遠意では肩・胸壁に痛みが出ます。むち打ちでは、この筋肉にトリガーポイントを生じることが多いところです。


斜角筋 この筋肉にトリガーポイントを生じると頚部・胸部、上背部、上肢に痛みが拡散する。胸背部や上肢に痛みが生じたらこの筋肉のトリガーポイントを疑った方が良いと思われます。バイオリン演奏、長時間左右頚を傾けて仕事をしている人は、筋肉の疲労からトリガーポイントを生じやすいのです。寝違えの場合、まずこの筋肉に触れてみることです。ほとんどの場合、緊張が見られます。


頸長筋 頚部前面にトリガーポイントは、頚部前面に痛みを生じます。むち打ち損傷で見逃されがちな筋肉で頚部痛を起こす原因となります。むち打ちを起こすと、この筋肉の筋力低下を生じます。


頭板状筋 頭板状筋のトリガーポイントは、こめかみから後頭部にかけて痛みを生じる原因となります。むち打ちで極めてよく見られる筋肉のトリガーポイントです。


後頭下筋群 深い位置に存在する筋肉ですが、むち打ちでは、頭板状筋と共に障害が非常に多い筋肉です。この筋肉は頚を回したり、横を向いたりという動作の補助に使われるが、筋肉の酷使によりトリガーポイントを形成します。


僧帽筋 僧帽筋のトリガーポイントは、上部(こめかみ、顎下、耳の後ろ、目の奥の痛み)、上部から2~5cm離れた場所(後頭骨底部、首・背中の痛み)僧帽筋下部(後頭骨底部、僧帽筋上部の痛み、頭痛)僧帽筋の中央(脊椎に沿って焼け付くような痛み)の4つがあります。


肩甲挙筋 肩甲骨の内縁と肩の背側に痛みを生じ、トリガーポイントのある側に頭を向けられなくなります。僧帽筋と同様に、肩にバッグをかけた場合ずり落ちないように、肩を上げるなどの動作で肩甲挙筋は緊張します。


頭半棘筋 筋肉の過緊張により筋肉は内圧の上昇を起こし、血管や神経通路を狭窄します。


頭部前方変位を生じると、頸椎5~8番の神経根を圧迫して神経症状が起きます
血管や神経通路を狭窄することで痺れ、頸部痛、上肢痛、手足の痺れ、筋力低下を生じます。

 

下図参考(首の血管・神経神経通が狭くなる例)慢性化する前に、早期に頭半棘筋の緊張を取り除き、
後頭骨と頸椎の連結部(C1、C2)の可動性を、できるだけ早期に回復させます。

 


 

以下を試してください。(ただし無理は絶対しないでください。少しでも痛みがでた場合は、動作は中止してください。症状が悪化する場合があります)。このテストで悪化した場合当方は、責任は負えません。

 

1.顎を引くことができるかどうか

2.顎をだすことができるかどうか

3.首を曲げて胸の方向に頭全体を近ずけられるかどうか

4.首全体を反らして天井を向けられるか 3.4に関しては少しでも痛みを感じたら動作は中止

5.右(左)に首を倒せるかどうか

6.右(左)の物に首を使って、顔をむけられるかどうか

7.斜め上、斜め下を向けるか

以上一つでも動作中に痛みを感じたらむち打ちの可能性があります。

 


 

椎前筋 椎前筋は、頚椎の前面にあって頭部を垂直に保つのに、非常に重要な役割を果たしています。椎前筋は、頭長筋・頸長筋から成構成され、顎を引くときに働きます。(素早い動作)この筋肉の機能が弱ってくると左下図のような頭部前方変異を生じるといわれます。弱った椎前筋を再び正常に機能できるように、ES530で筋肉を有効に使えるようにトレーニングします。

頭部前方変異を放置しておくと、腹横筋・横隔膜の機能低下を生じ呼吸が浅くなるため、呼吸補助筋の負担が大きくなり、結果として慢性的な肩こりの原因となります。

 

  

 頭部前方変位で生じる神経症状          頭部前方変位

 

 

整骨院

2018.12.13 | Category: おおさき整骨院について

整骨院

 


あるおおさき整骨院は、地域の皆様の健康維持増進を目指し、一人ひとりの症状に最もあった丁寧な施術を行います。再発防止の運動指導も行います。整骨院と接骨院は同じだとお考え下さい。

整形外科では、手術、レントゲンや薬の処方・診断書の作成をお願いできますが、整骨院では、これらは許されていません。


整骨院では筋肉や靭帯・腱・関節・骨などの怪我にたいして、手技、包帯・テーピング固定といった治療を行いますが、整形外科では、手技治療は行いません。包帯・テーピング固定も重視しません。

一方、整骨院では患者様の細かい症状(特に痛み)に対応できます。関節の捻挫には炎症(腫れや痛み)が生じますが、包帯固定により、関節が動かなく状態を作るとともに、腫れを引かせることができます。特に足首の捻挫で固定を怠ると足首に緩みが生じて、完治できないまま使い続ける事になりますので、ご注意ください。


交通事故治療では、整形外科、整骨院のそれぞれの特徴をいかして併院されることをお勧めします。治療を継続させていくためには、整形外科での経過観察が不可欠となります。当院では、整形外科と提携していますので、密接な連絡をとりながら治療させていただくことも可能です。

 


 

整骨院とは、国家資格を持つ柔道整復師が、骨折・捻挫・打撲・脱臼・挫傷の怪我の施術を行う所です。整骨院には、寝違え、ぎっくり腰、膝の痛みやスポーツ障害、骨折後療法といった症状から、交通事故のむち打ち治療や交通事故後遺症まで、幅広い症状を持った患者様が来院されます。保険治療は急性・亜急性外傷にかぎられます。

当院では、交通事故治療に特化していますので治療は勿論、交通事故全般わからないことがございましたら無料で相談を受けています。出来るだけ早い治療が求められるので、事故に遭われたら早急にお尋ねください。当院が、事故全般についてサポートさせていただきます。交通事故治療は、自賠責保険・任意保険を使っての治療となりますので、自己負担は無し(0円)となります。

又、全身の骨格の歪みやずれを矯正する治療を行い、全身の気血を整えます。もう治らないとあきらめている腰痛・肩こりをお持ちの方は、是非一度お越し下さい。

 

「地域に根ざした整骨院」


横浜市南区高根町にある交通事故専門治療おおさき整骨院は、今年で開業9年目、おかげ様で地域医療の一端を担わせていただいております。当院では、一人ひとりにの症状あった施術を行う事モットーに、幅広い年齢層の方から支持をいただいております。

横浜市南区高根町にあるおおさき整骨院は、午前中は9時~12時まで、午後は2時30分~7時(交通事故治療は8時)まで受付をしています。

定休日は、水曜と日曜、祝日は基本的に、午後2時まで昼休み無しで受け付けをしています。基本的に予約制ですので、事前に電話かお問い合わせメールで予約をお取りください。(都合により変更)

新患の方は、予約がない場合は15分~30分お待ち頂く場合があります。エキテンの予約は、当日施術が忙しい場合に確認できない場合もありますので、当日予約はお電話でお願いします。

交通事故 臀部・仙骨部の痛み

2018.12.06 | Category: ココが違う!交通事故治療専門院

後ろから追突・転倒して打撲・・・痛くて座れない、どうしたらいいのでしょうか?

 

交通事故で後部から追突されたり、バイクや自転車事故で転倒した場合に多く見られるのは、臀部挫傷や股関節捻挫。仙腸関節の変形を伴う変形等です。


何も治療をしないでいると、なかなか改善しません。

症状の重い方は、歩行に支障をきたすばかりか、座っているのも困難(5分も同じ姿勢で座れない・深く腰掛けられない)になったり、就寝時にも制限を受け、熟睡できなくなります。(仰向けが維持できない、右上もしくは左上でしか就寝できない等)当然眠りも浅くなり、ストレスが多くなります。

特に仙腸関節の炎症がある場合、炎症を軽減してからでないとAKA等の手技も行えません。(無理に行うと痛みが増強します)

このケースでは、530ーESにより炎症を鎮める電気モード(立体動態波・ハイボルテージ)超音波治療により炎症を軽減していきます。時間はかかりますが確実に炎症をおさえてくれます。低周波や牽引治療では治すことができません。


炎症が軽減してきたところで、仙腸関節の可動性を改善する仙腸関節AKAを行っていきます。繰り返しますが、治療は段階的に根気強く行っていかなければなりません。通院も週に3回以上は必要になると思います。頑張って治療を受けるようにしてください。


痛みがある程度引いて炎症がおさまってきたら、骨盤のゆがみを矯正していきます。

 

 

交通事故 バイク事故

2018.12.06 | Category: ココが違う!交通事故治療専門院

バイク事故の特徴について

 

交通事故で、バイクの事故にあったら横浜市南区高根町おおさき整骨院で、治療を受けて下さい。強い衝撃を受けた身体が改善します。

 

神奈川県のバイク事故の発生率は高く、事故で生じる傷害も大きいものです。もしも、バイク事故に遭ってしまったら、横浜市南区高根町にあるおおさき整骨院で治療を受けて下さい。歪んだ身体を改善します!

 

神奈川県の事故発生件数は、全国ワースト5に入ります。神奈川県のバイク事故は非常に多く、全事故に占めるバイク事故の割合は、全国平均の1.9倍にもなります。 又、全事故に対するバイク事故死者数の割合は、全国が19%なのに対して、神奈川県では、24%にも達します。

 

県内で発するバイク事故の特徴は、右折事故が最も多く、ついで出会いがしらの事故となっています。事故の時間帯としては、通勤・通学時間が最も多いのが特徴です。又、バイク輪事故は、運転経験5年未満が占める割合が、自動車に比べて2倍以上となります。

 

 

又、バイク事故で来院される患者さんで多いのは、臀部や脚部、腕部・肩部の挫傷・股関節捻挫腰部捻挫が多いように思われます。転倒した際に地面に下半身を打ちつけたり、体を捻ることで痛めるようです。来院時に、跛行(足を引きずる)していらっしゃっても、施術により1か月程度で正常な歩行を取り戻しています。触られると痛いような怪我でも、超音波やES-530の多様な電気モードで炎症や血腫の治療を痛みなく効果的にできますのでご安心ください。

 

バイク事故の衝撃の強さについて

 


バイク事故でも、自爆事故でない限り、自賠責保険を使って治療が可能です。しっかりと治療を受けてください。

 

通院慰謝料も自賠責保険から支払われます。又、身体をかばうために手を付いた場合、親指を外に反らす腱、伸ばす腱等を痛めてる場合が多く治療しないとなかなか改善していきません。特に手の指の腱の怪我は要注意です。

 

バイク事故は、自動車事故と異なり、身体が露出して守るものがないだけに全身どこ怪我を生じても不思議ではありません。又、創傷を手や脚に負った場合、皮膚の再生が困難になる場合もあります。臀部や脚部を強く打ちつけた場合、挫傷した皮膚・筋肉・筋膜は、思っているほど回復しません。なにもしないでいると、何年間も痛みで苦しんだり、関節可動域が極端に制限されます。できるだけ早く治療を受けましょう!

 

交通事故後、数日経過して、身体が痛くなり、治療が必要ならば、必ず病院で診断書を作成して下さい。


横浜市南区高根町にあるおおさき整骨院は、事故の衝撃で歪んだ骨格を治していくことで痛みを改善します。

横浜市南区・中区・西区・磯子区の交通事故治療・むち打ち治療ならハイボルテージ・立体動態波のあるおおさき整骨院でどうぞ!

むち打ちで損傷される筋肉2

2018.12.06 | Category: むちうち治療

横浜市南区・中区・西区・磯子区の交通事故治療・むち打ち治療ならハイボルテージ・立体動態波のあるおおさき整骨院でどうぞ!

 

首の筋肉は、表層・深層に分けられ共同しあって働いています。

 

黄色 深層 水色 表層 橙色 協同

 

  頸椎前面に付着する筋肉 頸椎後面に付着する筋肉 頭部の安定に働く筋肉
筋肉 頚長筋・頭長筋・前頭直筋 棘間筋・横突間筋、頚棘筋・頭半棘筋、多裂筋、頚最長筋・頚腸肋筋  
機能 顎を引く働き いずれの筋も顎をあげ、後ろに傾ける。片側のみで頚部を同側に傾ける  
筋肉 胸鎖乳突筋・前、中斜角筋 頭板状筋・頚板状筋・僧帽筋上部繊維 後頭下筋(小・大後頭直筋、上・下頭斜筋)
機能 両側同時で頭を前に倒す働き・片側で同側に傾けて反対側に回旋 顎を上げ後ろに首を傾ける。片側のみで同側に首を傾ける。この時頭板状筋・頚板状筋は同側に首を回旋させるのに対して、僧帽筋上部繊維は反対側に首を回旋させるのに働く

小・大後頭直筋は、伸展(頭部を後ろに傾ける)同側に傾ける。同側回旋。上・下頭斜筋は反対側への回旋。同側への側屈。

 

筋肉 2つ筋肉が同時に働くことで 表層・深層筋共に頭頚部を  
機能 頸椎前腕の補正に働く・頭部、頚部を前屈 支えて、動きに大きく関わる。 後頭下直筋は上位頸椎の安定に大きく関与して下位頸椎の動きの動きと連動する。過緊張になると頭部が前方に突出して、顎が挙上し、肩こりを悪化

 

上記上げた表層・深層の筋肉は、全て交通事故のむち打ち症で損傷する可能性があります。

 

首の筋肉は相互に関連しあって頭部を支えています。

 

 

  • 特に後頭下直筋は、頭部の制御(安定)には重要で小・大後頭直筋、上・下頭斜筋の4つから成り立ちます。
  • 後頭下直筋の緊張は、むち打ち特有の頭痛・眩暈・吐き気・首から肩へのコリやハリを引き起こします。又、目の動きと密接にかかわっているため、むち打ち症になって車の運転等をしていると、眼の疲労から一層の緊張を引き起こす可能性があります。
  • 後頭下直筋の緊張は、相反神経支配から拮抗筋の頭長筋・頸長筋の収縮を妨げます。これは頭部前方突出(FHP)の原因となります。(顎が挙上した特徴的な姿勢)
  • 頚長筋・頭長筋・前頭直筋の減弱は、顎を引くことが出来なくなるため、FHPを引き起こす要因となります。
  • 深層筋である頚長筋・頭長筋・前頭直筋(顎を引く筋)と頭部前に倒す筋肉(胸鎖乳突筋)が共に働くことで頭部と頚部が共に前屈します。
  • 交通事故で生じるむち打ちは、姿勢全体を変えてしまう危険性を持ちます。特にストレートネックの人は、頭部前方突出(FHP)になりやすい首の特徴を持つといわれます。
  • 後頭下直筋は、頭半棘筋とともに治療を優先したい筋肉です。

 

よくわかる首・かたかんせつの動きの仕組み 永木和載 大平雄一郎著 より抜粋 参考図書

 

むちううち 整形外科

2018.12.06 | Category: むちうち治療

むちうち・整形外科の場合

 

交通事故にあった場合、病院か整形外科でレントゲンを撮影して、診断書を書いてもらいます。お怪我と事故の因果関係を明らかにするためです。

レントゲンと診察をお願いした後、病院・整形外科で継続して治療を受けますが、ほとんどの場合痛み止めと湿布しかだしてもらえず、経過観察となります。

骨折が生じていれば、手術を行うか、ギプス固定となりますが、捻挫(むち打ち)・打撲・挫傷等の怪我の場合、ほとんど患部に触れてももらえず治療行為はせいぜい理学療法(牽引・電気)のみで、手技は行いません、

又、骨折等で固定して数ヶ月経ち、骨が癒合(骨折線がなくなる)しても患部の機能は戻っているわけではありません。患部と周辺部の痛み、又、患部と関連する体の部位には機能の低下(特に筋肉)を生じます。


事故で生じた足首の捻挫が、膝・股関節のアライメントに影響して、下背部(腰部)の痛みを生じたり、むちうちで首を固定していたため、ストレートネックになり、背骨の湾曲を崩し、腕が上げられななることもあります。固く、血流の悪くなった組織は何もしなければ回復しないのです。

 

 

何故、整骨院で治療した方が良いのか?

 


整形外科では、機能回復を重視して治療を行っていきません。 しかも、首は人体の中でも最も痛みを発しやすく、胸椎(背中)・肩の痛みを誘発する箇所でもあります。

 

皆さん寝違えで首が動かなくなった経験おありでしょうか。寝違い等は、斜角筋と呼ばれる筋肉のバランスを整えれば、帰りには首の自由度がほぼ回復(回せなかった首が回せるようになる)するのですが、整形外科では痛み止めと湿布で診察は終了します。痛み止めを飲んでも首の自由度は回復しませんよね。又、ぎっくり腰もある程度、炎症が収まった場合、手技により患部をほぐしておくことが再発を防いでくれます。

 

整骨院では、優れた手技で、傷ついた筋肉や靱帯・腱の修復を図っていきます。

 

おおさき整骨院では、患者さんの身体が元通りに動かせるように機能回復を重視して治療を行います。治療して骨癒合したけれども、日常生活に支障があるのでは困ります。(一人でズボンが履けない、服が着れない等)

整骨院では、患者さんに事故前の身体に戻っていただけるような治療を行っていきます。

ゴルフ治療

2018.12.02 | Category: スポーツ障害

 


横浜市南区高根町にあるおおさき整骨院のゴルフ治療でスコアアップ

 

ゴルフをプレイする人に特有の痛みを治療するのがゴルフ治療です。横浜市南区高根町にあるおおさき整骨院では、このゴルフ治療も行っています。痛みの改善だけでなくスコアアップも見込めますよ。


スポーツに怪我や痛みはつきものです。ゴルフも同様に怪我や痛みを生じます。激しい動きがないから大丈夫だと思っていませんか。ゴルフは他のスポーツと比べても、片側的で特徴的な動きをし、普段使わないひねりの動作により、首や、手首、肘、肩、背中、股関節、腰、足首を傷めてしまうことがあります。

特に左右の肩甲骨と骨盤(股関節)の動きが主体となるため、この部分を動かす筋肉に負担が大きくかかってきます。

又、体軸を作って前傾姿勢を維持したまま、インパクトを迎えようとするため、見た目よりも背骨周辺部の深層の筋肉が使われています。

特に毎回、この辺の意識を高めて練習をしている方は、自覚しているよりも筋肉の負担が蓄積している場合があります。


 

テスト法

 

仰向けになり、片方の膝を両手で抱えて胸につくかどうかを試してください。勿論つけばOKですが、つかない場合は、腰椎下部の骨や仙腸関節の柔軟性に問題があるかもしれません。

横向きになって(右上)(肩に手を当ててもらい)体を捻って床につくかどうかテストしてください。つかなければ胸椎が固くなっているか、肩甲骨周りの筋肉に問題があります。

以上のテストで問題があれば早めに治療を受けた方がよいと思います。

 


ゴルフで痛めた体を、治す方法をゴルフ治療と言います。

まだ痛みが強くないからといって、痛みを放置していると他の部分に負担が大きくかかってきます。

体は痛みを発したときは、相当に悪い状態になっています。

痛くない=何でもないわけではありません。

事実腰の痛むかたの股関節はほとんどの場合、固まり動きがわるくなっているのに、ご本人にほとんど自覚はありません。

好きなゴルフを1日でも長くプレーするためには定期的なメンテナンスが必要とされます。

横浜市南区高根町にあるおおさき整骨院では、ゴルフ愛好家の皆様にゴルフ治療をお勧めします。

 

「痛みの改善だけでなくスコアアップも」


例えば、フォロースルーからフィニッシュにかけて肩や背中、腰、膝が痛む、テイクバックで肩が挙がらない、インパクトの瞬間に手首肘の周りが痛い、ラウンドしている間中腰が重くて痛い、いつも右肩や首が重くて痛い・だるいといった症状を感じておられませんか?

 

こういった症状をお持ちの場合は、ゴルフ治療でしっかりと改善してください。横浜市南区高根町にあるおおさき整骨院のゴルフ治療では、AKA関節運動法や骨格矯正、PNFストレッチングなどの施術によって効果的に筋肉のバランスを整え、思いっきりゴルフをプレイできる状態に回復させてくれます。

 

ゴルフにとって大切なのは身体のバランスです。筋肉の一部にハリやコリ、痛みを感じていると、このバランスが崩れます。筋肉のバランスを整える事で、即スコアアップにもつながります。年齢と共に、肩甲骨周りや股間節周辺部に柔軟性がなくなり、硬さを感じ始めている人は、飛距離のアップは望めません。正確なショットも打てなくなります。ゴルフ好きの人は、ゴルフ治療を行ってスコアをアップさせましょう。

当院へのアクセス情報

所在地〒232-0022 神奈川県横浜市南区高根町3-18-18 アコルデ横浜阪東橋203
予約メール・お電話でのご予約が可能です。
電話番号045-334-7540
休診日水・日曜日