MENU TEL

自賠責治療

交通事故の治療を整骨院で行うことは、厚生労働省が認可しています。治療機関を決定するのは、患者様で保険会社ではありません。

 

交通事故に遭った場合は、自賠責保険を利用することができます。自賠責保険は、交通事故に遭って怪我をした人を救済するための保険で、全ての自動車が加入することを義務付けられているものです。

この保険は、対原動機付自転車(バイク事故)・対自転車事故なども対象になっています。交通事故で怪我を負った場合、過失割合が100%でなければ、過失割合に応じて自賠責保険を使って治療を受けることができます。
車両事故でお互いが怪我を負った場合、両者とも被害者となりますので治療が可能です。

自賠責保険を使って治療を受ければ、自由診療での治療(最新電気治療が全て無料、痛みのある部位だけではなく、骨格や全身の調整設けることができます。)

治療を受けるためには、どうしたらよいのでしょうか?

交通事故で怪我をした場合は必ず1週間以内に、病院もしくは整形外科で診断を受け診断書を書いてもらってください。もし、心当たりがなければ当院の提携先整形外科をご紹介します。

事故後に痛みがなくても、1週間以上経過して痛みが出る場合もあります。診断書を取っていない場合、事故との因果関係を疑われます。事故直後に痛みがなかったとしても、念のため医師に診断書を書いてもらう事が必須です。

又、安易にその場で示談などにせず、必ず警察所に届けて事故証明書を発行してもらってください。

加害者の方でも過失割合が100%(自爆事故)でなければ、過失割合に応じて自賠責保険を使って治療を受けられます。又、ご自身が加入している保険を使って、自賠責保険と同様の治療を受ける事ができます。

物損事故扱いでも保険会社が認めれば、自賠責保険を使い治療を受ける事は可能です。ただし、物損事故扱いにすると後遺症認定に不利になるともいわれています。

怪我の症状が重い場合、当院の提携先の整形外科で診断書を作成して警察に届出を出して人身事故(自賠責)への切り替えを行いましょう。怪我の診断書があれば事故後、ある程度時間が経過しても治療を受ける事が可能です。

自賠責保険を使えば、交通事故治療費慰謝料がつきます

通院慰謝料は、自賠責基準では1日4200円と定められています。
通院日数x2と全治療期間を比較して4200円をかけると慰謝料が算出されます。


例)交通事故に遭ったAさんは、週3日整骨院に通院しました。
通院日数が週3日x8週(月4週の2か月)x2=48日
全治療期間が2か月(60日)
少ないほうの日数を採用することになるのでこの場合48をとります。
48×4200円=201600円が慰謝料算出額となります。


 

横浜市南区高根町にあるおおさき整骨院では一人一人に合った施術は勿論、交通事故にまつわるご相談(保険に使い方、保障の問題)も、細かいところまできっちりとフォローさせていただきます。お気軽に安心してご相談下さい。

当院へのアクセス情報

所在地〒232-0022 神奈川県横浜市南区高根町3-18-18 アコルデ横浜阪東橋203
予約メール・お電話でのご予約が可能です。
電話番号045-334-7540
休診日水・日曜日