MENU TEL

Blog記事一覧 > 臨床 > 鵞足炎 膝のお皿下の内側の痛み

鵞足炎 膝のお皿下の内側の痛み

2018.09.06 | Category: 臨床

 

膝の痛みの原因

膝の痛みは、X脚やO脚、体重増加と筋力不足により生じる場合が、圧倒的に多いと考えます。特に女性に中高年以上に生じる痛みの原因はは、先によるものがほとんどです。

又、好きな運動を継続していても反復動作をしているうちに痛みをj抱えるようになることも多く認められます。

鵞足炎

ゴルフのような膝の屈伸と捻じりを伴う運動の場合、右利きの人では左膝に外旋力が働き(外に捻る動きに対して膝の内側に付着する筋肉が制御しようとしようとする)結果として膝の皿の下に痛みを感じたり、腫れや熱感を感じたりする場合が多いようです。

このお皿の下内側には、3つの筋肉(縫工筋・薄筋・半腱様筋)が骨に停止しています。

根本的な原因は筋力低下や柔軟性の低下、過体重なのでこれらをクリヤーしていけばいいのですが、ひどい場合は歩くのすら痛かったり椅子から立ち上がるのもも痛い、立っているとつらいと訴える方もいらっしゃいます。

治療

このような症状の場合やはりストレッチングや筋力トレーニングを自己流で行うことは避けた方が賢明と言えます。

当院では、痛みや腫れをいち早く最新の電気療法・マッサージ、ストレッチングで取り去り、正しいトレーニングを実施していただくことにより、1日も早く運動に復帰していただけるようにご指導させていただきます。

当院へのアクセス情報

所在地〒232-0022 神奈川県横浜市南区高根町3-18-18 アコルデ横浜阪東橋203
予約メール・お電話でのご予約が可能です。
電話番号045-334-7540
休診日水・日曜日