MENU TEL

Blog記事一覧 > むちうち治療 > 段階的なむち打ち治療

段階的なむち打ち治療

2018.12.02 | Category: むちうち治療

段階的なむち打ち治療

 

各種電気治療

当院では、受傷から2~3週間前後は、手技の他に、

ITO ES-530の3DMENSモードと呼ばれる微弱電流(炎症を抑える・鎮痛・細胞レベルでの組織修復*通電されていることもわからないほどの微弱電流ですが、組織修復の効果は保証します。)


立体動体波(関節内の治療・深部の鎮痛・機能改善、治癒促進に有効*全ての症状に適応できる電気治療モードです。深部に到達する感覚がよくわかります。)


ハイボルテージ(神経症状・深部の鎮痛・損傷治癒に有効*むち打ちのしびれや痛みに効果があります)


超音波療法(ブラックボックス*振動と深部温熱による治療・鎮痛・損傷治癒に有効*靭帯や腱の修復には超音波療法が効果的です。深部に到達する振動とと温熱で組織の血流を増加します)


 

等を用いた治療機器をを用いた施術を充分に行っていきます。

例えば、立体動態波+超音波+干渉波+微弱電流+コウケントー等効果のあるものは全て駆使します。

事故後2週間は、まず傷ついた組織の安定化を図ることが第一だからです。この時期に過度なマッサージや矯正を行ってはいけません。治療機器の有効性を生かしながら、手技を行っていきます。

電気治療を行いながら、首の筋肉が固まらないような施術を実施していきます。ただし痛みを感じる手技は行いません。本格的な手技は、筋肉や靭帯の回復を診ながら、2週間程経過してから実施します。


 

むち打ち手技について

経絡指圧(トリガーポイント)・AKA関節運動を主体に行っていきます。

そして必要とされるのは、施術者の誘導による正しいストレッチングと施術者の誘導による筋運動です。

 

何故ストレッチングか?


緊張した筋肉の緊張を解いていくためには、緊張している筋肉を正しく知る必要があります。そのためにはどの方向に動かすと筋肉が緊張するかを、テストにより確かめる必要があります。その後、その筋肉がリラックスできる方向に誘導してあげる必要があります。施術者の誘導により、痛みを感じない範囲で筋肉を正しく誘導して動かすことにより、筋肉の緊張を緩めていきます。施術者の誘導を伴った自動介助運動を行います。IDストレッチングやストレッチング位置から、筋肉の収縮方向に動かす等尺性収縮は、筋肉の長さを回復し、緊張を緩和してくれます。これらの施術法は、無理なない痛みを感じない範囲で行うう筋生理学の理論 に裏付けされたものです。

 

 


 

当院へのアクセス情報

所在地〒232-0022 神奈川県横浜市南区高根町3-18-18 アコルデ横浜阪東橋203
予約メール・お電話でのご予約が可能です。
電話番号045-334-7540
休診日水・日曜日