MENU TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 交通事故治療の記事一覧

交通事故に遭った時にすべきこと

2018.09.07 | Category: 交通事故治療

交通事故に遭った時にすべきこと

 

交通事故に遭った時に、しなければならないことがあることをご存知ですか?

事故に遭った時に加害者に義務づけられていることが3つあります。

 

1.負傷者の救出 負傷者がいれば救急車を呼んでください。止血している場合は応急処置として止血を行いましょう。頭部を打っている場合は、むやみに動かしてはいけません。

 

2.危険防止の措置 2次的な事故防止のため、事故車の移動、路上に散乱している物の除去、標識の設置

警察が来るまでは事故現場を保存しておかなければならないので、、写真などを取っておくとよいでしょう。

 

3.警察への届け出 事故がどのようなものであっても届け出を怠ってはいけません。軽い転倒、車同士の軽い衝突などだからといって届け出を怠ると、後からむち打ちの後遺症が出たり、車の修理費がかかったりする場合に大変な損失になります。事故との因果関係が証明できないため、保険を使えず、全てが自己負担になるからです。又、これに違反すると3か月以下の懲役または、5万円以下の罰金となります。ご自分の任意の保険会社にも連絡してください。

 

 

 

横浜市南区高根町・白妙町・浦舟町・真金町・日枝町・新川町・中村町・吉野町・永楽町・不老町・戸部町・藤棚町・花咲町・東久保町・元久保町・保土ヶ谷町・万世町・二葉町・高砂町・平戸・永田・六ッ川にお住まいの方の交通事故・むち打ち治療なら 

交通事故・むち打ち専門のおおさき整骨院にお任せください。

交通事故治療は、近くの信頼のおける整骨院でしっかりと行いましょう!

 

バイクで事故

2018.03.29 | Category: 交通事故治療

バイク事故で車と接蝕

交差点で信号が赤か黄色で、過失割合が双方食い違い最後まで(治療終了)まで決定できなかったケースです。

患者さんは、右膝(曲げられない)を打撲して、骨が見えるほど脂肪組織・筋組織が削げ落ちていました。左足親指が外側に変形、左・右股関節捻挫及び腰部を捻挫していました。かなりの痛みを訴えていましたので、1日も早い治療をしなければなりませんでした。(救急搬送)

過失割合いも決定せず過失がほぼ、患者さん側にあるため自賠責保険が使えず、ご家族の加入している保険を使っての治療となりました。施術部位も多かったのですが、保険を使って自賠責基準の治療が可能となりました。

左ひざの状態は、肉芽組織の再生が芳しくなかったので、整形外科に形成を紹介してもらい治療。他の部位は当院で治療しました。ほぼ5か月の治療で、全ての症状は緩和して、日常生活を普通にできるまで回復しました。

この時、事故後に早めの治療を受けて本当によかったと思います。

 

むち打ち治療・交通事故治療なら、横浜市南区市営地下鉄阪東橋駅徒歩1分 手技・電療共に交通事故に特化した当院にお任せください。

 

弁護士特約を結んでいますか?

2014.10.08 | Category: 交通事故治療

「信号待ちで停車中に追突された」「駐車中に追突された」といった事故で、追突されたほうに一切の非はない場合、相手方の過失が100%となります。 追突された被害者は、相手への賠償が発生しない事故では、自分の保険を使って示談交渉することができません。

保険会社が示談に使えない場合、被害者本人が、加害者本人や保険会社と話を進めていくことになります。

 

このようなもらい事故で、被害者が困った状況を解決してくれるのが、「弁護士費用特約」なのです。 納得いく賠償金額を提示してくれない。示談を進めない、非を認めない。 損害の一部を認めてくれない。 等で困った場合、自分で弁護士費用を負担することなく、事故受傷直後から相手との面倒な交渉や訴訟を含む示談交渉を弁護士に一任することができるのです。

 

弁護士特約に入っていると、相談料は10万円、弁護士費用の総額は300万円までが負担されます。 弁護士費用が、300万円を超えるのは、後遺障害を残す交通事故の中で20%未満しかないのです。交通事故全体の80%については、この特約で弁護士費用がカバーされています。残り20%の重傷事故では、実質的には、弁護士費用特約で着手金部分がカバーされることになります。

 

又、弁護士報酬は、加害者の保険会社が負担することになりますから、被害者に負担が発生しないことが一般的です。 弁護士特約を結んでも保険会社が進める弁護士にしか依頼できないわけではありません。 交通事故外傷と後遺症を熟知している弁護士に依頼しなければ頼りになりません。 自分の保険に弁護士費用特約が付いているか確認してください。そして 弁護士費用特約の利用を積極的に受け入れているかどうか 費用の一部が、依頼者本人負担としないとしているか 等を確認して弁護士事務所に依頼してください。

交通事故治療・転院できますか?

2014.07.19 | Category: 交通事故治療

 

交通事故に遭遇して、1ヶ月以上経過したけれど、少しも体の痛みや関節の運動範囲に変化が見られないと悩んでいませんか?


  • 今、現在、痛みで悩んでいる。(頭痛・肩の周辺部の痛み、手・脚のしびれ等)
  • その痛みを訴えても、なんら処置(治療)をしてくれない。
  • 毎回、同じパターンの治療しかしてくれない。(マッサージ、牽引、電気療法等)
  • 新たに生じた痛みの箇所を全く問題としていない。見てくれないのですか?と質問すると治療方針といわれ、相手にされなかった。
  • 痛みがまだあり、治療を続けたいのにそろそろ終了といわれた。
  • 暴力的骨盤矯正で、痛くもなかった肩が挙がらなくなった。

いずれも当院にいらした患者さんが前の治療機関で経験された事実です。こんな事が交通事故患者さんが経験しているのが当たり前の現状です


 

当院では次のような事が可能です。


整形外科から転院すると事も勿論可能

現在通っている整形外科・病院と同時に通院

現在通っている整形外科・病院を変えたい場合、当院提携先整形外科をご紹介

他の整骨院から当院への転院


当院では、信頼できる整形外科と提携していますので、整形外科を変える手続きも勿論お手伝いさせていただきます。交通事故治療は、早期治療が一番です。1ヶ月以上経ち、上記のような経験をされた方は、是非当院にご相談下さい。

 

当院へのアクセス情報

所在地〒232-0022 神奈川県横浜市南区高根町3-18-18 アコルデ横浜阪東橋203
予約メール・お電話でのご予約が可能です。
電話番号045-334-7540
休診日水・日曜日